【マンガ】どうなる!? 息子2人の大学受験…イマドキ保護者の悶えるホンネ <第40回>推薦入試は計画的に

大学生と高校生のお子さまを持つマンガ家、よしだゆうこさん。
息子さんたちの大学受験を前にして、セキララな保護者のホンネをマンガでお届けします!

長男はコロナ禍真っただ中の受験生で、高2の3学期から休校になり、その後も再開と休校をくり返しました。そこで、休校で家にいるなら勉強しよう! となればよかったのですがそううまくはいかず、ただ時間だけが過ぎていきました。

さすがに高3の夏ともなると焦ります。ただ、長男は国公立は受けず、私立のみ受験と決めていました。私の乏しい受験の知識と経験から、確か私立は推薦入試が多いはずだ!と思い出して長男に確認したものの……。

まず指定校制推薦。学校に掲示された一覧に志望校はあるものの、その大学ならどの学部でもよいわけではないので出願できず。総合型選抜は準備期間が取れず、時すでに遅し。
そして何よりも……評定平均が心細い!!

長男は、高校進学時から苦手な理系科目に苦戦しており、だからといって勉強をするわけでもなく成績は下がる一方でした。ゆえに、高1、高2の成績はなかなかマズい状態に。それが高3の推薦入試にダイレクトに響くのをわかってはいたはずですが、高1の頃はそこまで考えず「数学難しいな~~」で終わり、テストの点数を見て「ギャーーー」と言うだけ。
推薦入試は丸腰では受けられない。後で困るのは自分です!

その他、英語の資格・検定試験を利用する入試では、英語を高得点に換算できる可能性があります。長男の性格ですと、大学入試の英語よりも英語の資格・検定試験の方が相性がよいため、この入試を利用する作戦もありました。ただしこちらも早めの対策が必要で……。

ああ受験には、作戦と計画が必要…だった!!と後で気づいた次第です。

\過去のマンガはこちら/

<第1回>長男の受験、次男の経験
<第2回>ナゾだらけの受験制度
<第3回>遅すぎるスタート
<第4回>高校生は忙しい!
<第5回>チャンスの数だけ…
<第6回>いざ!感染症対策
<第7回>お正月の誘惑
<第8回>親にできること
<第9回>受験生家族の過ごし方
<第10回>フルタイム入試
<第11回>入試直前の宣言
<第12回>母のストレス、表面化する
<第13回>息子の背中を見送る日
<第14回>さらば受験生
<第15回>運命の2月
<第16回>ブラックコーヒーの味
<第17回>言えなかった言葉
<第18回>切り替えて第二志望
<第19回>親の心子知らず…
<第20回>高校生から大学生へ
<第21回>受験生生活、突入!
<第22回>教育費クライマックス!
<第23回>努力は裏切らない?
<第24回>第2志望その後
<第25回>どうなる!?文理選択
<第26回>高3の部活事情
<第27回>教育費は長期戦!
<第28回>受験しないと言われたら①
<第29回>受験しないと言われたら②
<第30回>受験しないと言われたら③
<第31回>受験しないと言われたら④
<第32回>受験しないと言われたら⑤
<第33回>オープンキャンパス 総合大学編
<第34回>オープンキャンパス 体感編
<第35回>オープンキャンパス 個別相談編
<第36回>「勉強しなさい」の効果
<第37回>次男の言い分
<第38回>もう高校生なんだから…の罠
<第39回>ポジティブ受験生

プロフィール

マンガ よしだゆうこ

マンガ よしだゆうこ

男子母歴もうすぐ20年のイラストレーター、漫画家、グラフィックレコーダー。
マンガでわかるデザイン本「デザイナーじゃないのに!」(ソシム)共著。
「息子が大きくなりまして」(マイナビニュース)連載中。インドア派だけど旅行好き。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A