2023.12.05

PISAとは?これまでの日本の順位や調査のポイントを解説

世界の15歳はどんな学力を身に付けている?日本の15歳は世界と比べてどんな強み・弱みがあって、ランキングでいうと世界で何位?——そんなことがわかる国際調査「PISA」の結果が12月5日*に発表されます。世界中がその結果を注目する「PISA」とはどのような調査なのでしょうか。

世界中が注目!4年ぶりに実施された国際調査「PISA(ピザ)」とは?

「PISA」とは、国際機関であるOECD(経済協力開発機構)が行う世界的な学力調査です。Programme for International Student Assessmentの略称で、日本語の正式名は「OECD生徒の学習到達度調査」です。大抵の人は「ピザ」と言います。2000年から3年ごとに行われ、2022年に行われた最新の調査は8回目。日本は初回から毎回参加しています。参加国・地域 は回を追うごとに増加しており、2018年の調査では79か国が参加しました。調査の目的は、義務教育を終える15歳までに学んだ知識や技能を、実生活でどの程度活用できるかを測ること。調査の結果を国別に比較することで、各国が自分の国の強みや弱みを知り、よりよい教育をつくっていこうとしています。実際に 、日本の教育カリキュラムの基準となる学習指導要領などにもPISAの結果から得られた 知見が反映されています 。

調査方法は? ~3つの分野+アンケートをコンピュータで回答~

PISAは、問題に対して答えを求めるテスト形式の調査と、アンケート形式で質問に答える質問紙調査の2つから成り立っています。テスト形式の調査は、「科学的リテラシー」「読解リテラシー 」「数学的リテラシー」という3分野があります*1。毎回、3分野とも調査しますが、3つのうち1つの分野を重点的に調査。2022年の回は数学的リテラシーが中心でした。質問紙調査は、テストを受けた生徒とその学校(長)を対象に行われ、勉強に関する意識や態度、家庭や学校での学習環境などに関するアンケートに答えます。

2015年からは、それまでの紙とペンを使う方式から、コンピュータ上で出題と回答を行う「CBT」というやり方に変更しました。さらに、2018年調査の読解リテラシー,および今回の数学的リテラシーのテストでは、受検者の解答結果に応じて出題内容を変える「多段階適応型テスト(MSAT)」の手法を導入。これにより測定結果の精度がアップしました。

日本では高校1年生が調査の対象です。ただし、実際は全国からランダムに選ばれた学校の生徒約6,000人が受検します。所要時間は合計4時間弱。調査の目的が国単位での教育の質改善ですから、個人の結果が単独で扱われることはありません。

これまでの調査結果より、日本の順位は? ~15歳の学力は世界トップクラス~

前回の2018年調査では、日本は科学的リテラシーが2位、読解力が11 位、数学的リテラシーが1位でした。2018年より前の結果をふまえても、日本の15歳の学力はOECD加盟国中トップクラスを維持しています。一部の報道で「日本の読解力が低下した」といわれましたが、長期的な傾向としては低下しているとは言い切れません。

OECDによると、2000年以降、日本の読解力は「平坦」

科学的リテラシーについては、日本の生徒が成績の上位に入っている割合が参加国中トップクラスでした。日本の人口は世界11位と非常に多いことをふまえると、日本は科学者の卵の人数がアメリカや中国に並んで最も多い国の一つなのです。*1

「日本は、科学者の卵が米国・中国に並んで最も多い国である」

このように、日本の教育は世界的に見て上位にあり、日頃の学校教育や家庭教育の成果が調査結果にも表れているといえるでしょう。

*1 OECD PISA2018公開資料より

これまでの調査結果より、日本の課題は?

一方で、日本の教育の課題も見えています。たとえば、質問紙調査の結果から、日本は科学が好きな生徒や、将来科学者になりたいと思う生徒が非常に少ないことがわかりました。AI化が進む社会で活躍できる人材の育成が急がれる中で、このような結果は残念です。魅力あふれる理数教育やデータサイエンス教育の強化が必要です。

また、幸福感(ウェルビーイング)が低い生徒の割合が多いことも心配です。2018年調査の結果によると、「幸福感を感じる」生徒の割合は、 OECD 平均を大幅に下回る50%、「困難な状況で解決を考えられる」は、 OECD 加盟国で最下位の59%でした。

「幸福感を感じる」は、OECD平均を大幅に下回る50%、「困難な状況で解決を考えられる」はOECD加盟国で最下位の59%

まとめ:ここに注目!最新調査PISA2022の結果を見る時のポイント

2023年12 月5日には、2022年に行われた最新のPISA調査の結果が世界同時に公表されます。3分野の結果は分野ごとに国別のランキングが公開されることや、新型コロナウイルスの影響で実施が1年延期されたことなどから、その結果に日本はもちろん、世界中が注目しています。そこで、最新の調査結果を見るときの注目ポイントをご紹介します。

1. コロナ禍で、各国の教育にどのような違いが生じたか?
前回調査は2018年。コロナ禍の前でした。今回はコロナが落ち着いてきた2022年の実施でした。コロナ禍の前後で、各国の教育にどのような影響があったのでしょうか。

2. 日本の15歳の幸福度(ウェルビーイング )は、向上しているか?
前回やそれ以前の調査結果から、日本の生徒は幸福度が低い点が課題でした。今回はどう変化しているでしょうか。

3. 日本がトップクラスを維持するか?
これまで、3分野の結果は参加国中トップクラスを維持してきました。この4年間で、新しい学習指導要領をもとにした授業が行われ、タブレット端末の利活用も進みました。そうした中、前回と同じ程度の順位になれるでしょうか。

日本はこれまでも、「全国学力・学習状況調査」「GIGA スクール構想 」など、PISAの結果を 活用して日本の教育政策を改善してきました。今回も同様に、PISAの結果をふまえて教育の質をより高めるための政策を検討するでしょう。教育カリキュラムの基本的な方向性や、高校教育改革、学校規模の適正化や不登校への対応、教育に関するデータ活用度のアップなど、関係するテーマは多岐にわたります。国別の学力ランキングに一喜一憂するだけではなく、PISAの結果を国がどのように活かす のかまで注目できたらいいですね。

取材・執筆:神田有希子

※掲載されている内容は2023年12月時点の情報です。

出典:
本文中に掲載した図表は、以下より引用。

OECD生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント
P.3「2.読解力について」
https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/01_point.pdf
国立教育政策研究所
https://www.nier.go.jp/

OECD PISA2018カントリーノート(日本)
p.8「図 6. 生徒の幸福感と成長する思考態度」
https://www.oecd.org/pisa/publications/PISA2018_CN_JPN_Japanese.pdf
OECD
https://www.oecd.org/pisa/publications/

監修者

監修スペシャリスト

こむらしゅんぺい


ベネッセ教育総合研究所 教育イノベーションセンター長

1975年東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。全国の自治体・学校とともに、次世代の学びの実践と研究を推進。全国の教員や中高生とのオンライン対話会を毎週開催しており、学校や家庭の学びの変化や先進事例に詳しい。
これまでにさまざまな自治体・大学・高専のアドバイザー、複数の学校設立に携わるなど初等中等教育から高等教育まで幅広く活動する。また、OECDシュライヒャー教育局長の書籍翻訳等の経験があり、国際的な教育動向にも詳しい。
活動実績一覧
他に岡山大学 学長特別補佐(教育担当)、日本STEM教育学会幹事、 日本教育情報化振興会理事、内閣府子ども・若者調査委員、信州WWLコンソーシアム座長、仙台第三高校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員等を兼任。
監修スペシャリスト

かとうけんたろう


ベネッセ教育総合研究所 教育基礎研究室長/主席研究員

東京大学大学院教育学研究科修士課程修了(教育学修士)、ミネソタ大学大学院統計学科修士課程修了(統計学修士)、ミネソタ大学大学院教育心理学科博士課程修了(教育心理学博士)。ミネソタ大学在学中にEducational Testing Serviceでインターンを経験。
2009年(株)ベネッセコーポレーション入社後、種々のアセスメント商品の開発・運用に測定の専門家(サイコメトリシャン)として関わる。並行して教育測定に関する研究活動・学会活動(学術誌編集委員)や、大学非常勤(東京大学他)などの教育活動を行う。2022年より現職。

その他よく見られている用語