【マンガ】どうなる!? 息子2人の大学受験…イマドキ保護者の悶えるホンネ <第13回>息子の背中を見送る日

大学生と高校生のお子さまを持つマンガ家、よしだゆうこさん。息子さんたちの大学受験を前にして、セキララな保護者のホンネをマンガでお届けします!

紆余曲折あった受験生時代も終盤。とうとう本命校の入試がやって来ました。

コロナの影響でオープンキャンパスがなく、かろうじて2年前に学園祭に行ったのみの本命校。なにしろ環状線を逆周り一周する方向音痴の長男なので、過保護と思いながらも同行しました。ちなみに友人と一緒に入試会場に行く文化はありません。

現地に近付くにつれ増えていく受験生。緊張が増します。マンガでは座っていますが実際はラッシュに重なり、到着するまでにそこそこ疲れました。ギリギリまで参考書を見……るような長男ではなく、心配なほどリラックスしております。

そして受験会場に到着すると、私と同じような親子連れも少しですが見かけます。
思えば中学受験の入試会場では、多くの親御さんが子どもの挑戦を見守っていました。受付を済ませて校舎に入っていく当時小6だった子どもを、私も周辺の親御さんも祈るような気持ちで送り出したことを覚えています。(泣いている人もいた)
あれから6年、受験の関わりは減りましたが、気持ちは同じです。

はっと横を見ると隣のお母さんが、子どもの後ろ姿を撮影しているじゃないですか。シャッターチャンスか! その発想はなかった!! と便乗してスマホを出しましたが、受験生の後ろ姿ってたいてい似ているので、もはや区別ができない距離まで進んでおりました……。

がんばれ! と心の中でエールを、遠くて見えなくなった息子の背中に送ります。

\過去のマンガはこちら/

<第1回>長男の受験、次男の経験
<第2回>ナゾだらけの受験制度
<第3回>遅すぎるスタート
<第4回>高校生は忙しい!
<第5回>チャンスの数だけ…
<第6回>いざ!感染症対策
<第7回>お正月の誘惑
<第8回>親にできること
<第9回>受験生家族の過ごし方
<第10回>フルタイム入試
<第11回>入試直前の宣言

プロフィール

マンガ よしだゆうこ

マンガ よしだゆうこ

男子母歴もうすぐ20年のイラストレーター、漫画家、グラフィックレコーダー。
マンガでわかるデザイン本「デザイナーじゃないのに!」(ソシム)共著。
「息子が大きくなりまして」(マイナビニュース)連載中。インドアだけど旅行好き。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A