学校以外ではどうやって勉強すればいい?中学生の成績に最も影響が大きい「家庭学習」の重要性

お子さんの学校の成績を上げたいのに、何をやらせてもいまいち効果が上がらなくて焦っていませんか。その場合は、「家庭学習時間」を見直したほうがよいかもしれません。

中学生の成績に最も影響があるのは「家庭学習時間」だということがベネッセ教育総合研究所の調べで明らかになりました。つまり、成績アップのためには自分で学習している時間が重要だということです。この機会にもう一度「家庭学習」の大切さを考えてみましょう。あわせて、家庭学習を効率よく進めるための工夫が詰まった「進研ゼミ中学講座」の特長もご紹介します。

中学生の成績に最も影響が大きいのは「家庭学習」だった!

中学生が成績を上げる方法としては、学校以外では学習塾・家庭教師・通信教育といった選択肢を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

中でも「できれば塾に通わせたい」と考える保護者のかたは少なくありません。その理由としては「子どもが友達と一緒に塾に行きたいと言っている」「受験のためには塾で勉強させないといけないと思う」「家では勉強しないから、塾にいる時間だけでも勉強してほしい」など、さまざまな意見が見受けられました。しかし、本当に「塾にさえ行っていれば安心」なのでしょうか?

ここで、中学生の成績と学校以外の勉強法の関係から、中学の成績を決定する要因を分析したベネッセ教育総合研究所のデータを見てみましょう。

※出典…塾と進研ゼミ中学講座の違い|進研ゼミ中学講座|ベネッセコーポレーション

※算出根拠…「家庭学習時間」「宿題時間」「通塾しているか」「通信教育をやっているか」を独立変数(原因)、「学業成績」を従属変数(結果)として、学業成績に影響する要因を明らかにする重回帰分析を行った結果。

このデータによると、もっとも強く成績に影響している学習は「家庭学習時間」であることがわかりました。一方で、「通塾」は「家庭学習時間」の半分ほどの効果にとどまっています。

「やみくもに勉強する」、「長時間つくえに向かっている」だけでは、勉強したことにはなりません。自分で家庭で勉強する習慣が身につけられていれば、自分の苦手な部分やつまずきやすい部分を把握し、集中して解くトレーニングができます。
また自分に合った勉強方法や時間の使い方も身につけられれば、さらに勉強の効率も上がるでしょう。以上のことから、成績を効率よく上げたければ、自分で家庭学習をする時間を設ける必要があります。

しかし、もともと家庭で勉強する習慣のなかったお子さんにただ家庭学習時間を強要しても、何をどこから勉強していいかわからず、さらに勉強につまずく原因になってしまうでしょう。
家庭学習時間をより成績アップにつなげるためには、お子さんの勉強をしっかりとサポートするものが必要です。そこで、どのようにお子さんにアドバイスすればいいかお困りの保護者のかたに、「進研ゼミ中学講座」の教材を使用することをおすすめします。

進研ゼミ中学講座」では、成績アップにもっとも影響のある「家庭学習時間」に、ひとりでも効率よく取り組むことができる工夫が詰まっています。よって最初は上手に教材を使いこなせない場合でも、活用していくうちに自ら学習習慣を身につけ、「家庭学習時間」による効果を感じることができるでしょう。

進研ゼミ中学講座」会員にアンケートをとったところ、82.6%が「塾よりも『ゼミ』の方が短い時間で力がつく」、86.1%が「塾よりゼミの方が「自分のニガテ」にしぼって勉強できる!」と回答しています(※)。
このことから、「進研ゼミ中学講座」会員の子どもたちは、塾に頼りきらず、教材をうまく使いこなして「家庭学習時間」を成績アップにつなげていることがわかります。

隙間時間を有効活用して効果を最大限に引き出せる「進研ゼミ中学講座」は、部活と勉強の両立を目指す中学生や、より効率よく成績を上げたい中学生にぴったりの学習法です。次に、家庭学習のためにどんな基準で教材を選べばよいか、また「進研ゼミ中学講座」は本当に家庭学習用の教材として適切なのかを解説します。

学校以外で学習するなら、家庭での学習をしっかりフォローしてくれるものを選ぼう

塾でも通信教育でも、自分で勉強するという習慣を身につけなければ、本当の意味で「勉強ができる」とは言えません。そこでおすすめしたいのは、学校以外での学習方法を選ぶ時に、家庭でどう勉強したらよいかをアドバイスしてくれるもの、そして長期的なスタンスで自分に合った学びのノウハウが身につけられるものです。

定期テストなど目先のテスト対策だけでなく、無理なくお子さんが生活に取り入れられるかが大切な条件です。何より、お子さんが「楽しい!」「もっと知りたい!」と興味を持ってくれるものでないと、何事も長続きしないでしょう。

また、家庭学習が大切と言っても、やみくもに勉強時間を長くすればよいというものではありません。大切なのは、しっかりと習った内容を頭に定着させ、似たような問題も解けるようになる実践力を身につけることです。
そのためには、効率がよく、かつ自分に合った勉強法を知る必要があります。塾に行っているのに、あるいは家で毎日何時間も勉強しているのに成績が上がらないという人は、自分に合った勉強法が身についていないのかもしれません。

そんな時こそ、「進研ゼミ中学講座」が中学生の強い味方になってくれます。
進研ゼミ中学講座」の教材は、会員100万人の学習履歴から中学生がつまずきやすい問題だけを厳選しています。教科書や学習レベルに合わせた学力アップにつながりやすい問題で、効果的な演習に取り組めます。また、間違いやすく、理解しにくいポイントをおさえた、まるで授業を受けているようなていねいな解説も特長の一つです。

ひとりではわからない問題があっても、24時間いつでも質問できる「教科質問ひろば」などの個別サポートもあり、お子さんの「わからない」を残しません。

進研ゼミ中学講座」は、中学生が勉強するべきポイントをおさえ、短時間で効果的に勉強できる教材であり、ひとりでも続けられる工夫が詰まっています。成績アップにつながる効果的な勉強法を探しているなら、ぜひ試してほしい教材です。

進研ゼミ中学講座」なら家庭での学習をしっかりサポート!

進研ゼミ中学講座」の教材は、長年のノウハウを活かした効率のよい勉強ができる設計だから、中学生の家庭学習をしっかりサポート!お子さまひとりでも取り組みやすいことを重視して作られているので、ひとりでも続けて取り組むことができます。

最後にもう一度、「進研ゼミ中学講座」の特長をまとめてみましょう。

・1回10分~15分で取り組めるから、集中力が続きやすい!
・中学生がつまずきやすいポイントをおさえた良問とていねいな解説で「わからない」を残さない
・よく出るポイントをまとめた暗記BOOKや予想問題集で、9教科の定期テスト対策も安心
・苦手克服ドリルやハイブリッドスタイルのさかのぼり学習など、苦手対策も充実
・担任制の赤ペン先生や教科アドバイザーが、学習の進め方や疑問点をサポート
・わからない問題を24時間いつでも質問できる「教科質問ひろば」など、塾にも負けないサポートも充実!

成績アップにつながる勉強方法に悩んでいる人は、今すぐ「進研ゼミ中学講座」で効率のよい家庭学習を始めましょう!

参照:
(※)「進研ゼミ 中学講座」「塾にない進研ゼミ おすすめポイント 進研ゼミは塾と比べてどういいの?とお迷いのかたへ」
https://chu.benesse.co.jp/lp/juku/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A