漢字の覚え方にはコツがある?!保護者ができるサポートとは

小学校では学年が上がるごとに、覚える漢字の量がどんどん増えます。覚えなければいけない漢字が多すぎて、何度も書いているのに、なかなか覚えられないという子どもも少なくありません。お子さまが漢字の覚え方のコツをつかんで負担を減らせるよう、保護者ができるサポートについてご紹介します。

この記事のポイント

漢字の覚え方のコツ

漢字はまず読み方から覚えましょう。読み方を覚えてから書く練習をすることで、効率よく覚えることができます。家で学習する際には、漢字の読みを声に出して唱えながら書くのもよいですね。

また漢字自体の意味や成り立ちを知り、イメージすることでも覚えやすくなります。学年が大きくなってきたら、すでに習っている漢字の組み合わせでできている漢字を語呂合わせで覚えたり、部首の意味を学んだりする方法もおすすめです。

「木の上に立って見るのが親」「糸に従うのは縦」「石で皮を破る」など、イメージしやすい覚え方を探してみましょう。

宿題で多い『書き取り』で漢字を覚えるコツ

学校からの宿題として出されることが多い書き取りですが、一つの漢字をただ何度も書いているだけでは単なる作業になってしまい、覚えることにはつながりにくいことが多いです。

同じ漢字を10回書くとしても、子どもがよくやりがちな1画目を10個、2画目を10個……というような書き方をしていては、なおさら覚えるまでに時間がかかってしまうでしょう。

お子さまが書き取りの仕方に慣れるまでは、保護者が隣に座って学習過程をチェックしてあげられるとよいですね。書き順やとめ・はねといったものがきちんとできているか、読み方がわかっているかなどを確認しながら書いていくことで、単なる作業ではなく効率よく覚えるための学習として活用できます。きれいに書けたら褒めることで、丁寧に書く意識も高まりますよ。

なかなか漢字が覚えられず苦手意識がある場合は……

漢字がなかなか覚えられない時には、毎日目にする場所に1年間で習う漢字のポスターなどを貼ってみましょう。覚えたものをチェックしていくことで、やる気を引き出させることもできるかもしれませんね。

自作の漢字テストで理解度をチェックし、わからなかった漢字を集中して復習することで、短時間で効率よく学習を進める方法もあります。テストをする際には「できない」「わからない」を叱るのではなく、「できたこと」「わかったこと」を褒めることで、苦手意識を克服できるようサポートしましょう。

同じ問題を何度か繰り返しているうちに、満点が取れるようになると、子どもは達成感を味わえます。「できた」を味わうことは自信にもつながるので、お子さまが楽しみながら漢字を覚えていけるような環境づくりを大切にしたいですね。

まとめ & 実践 TIPS

たくさん覚えなければいけない漢字は、ただ暗記しようとしても覚えるのに時間がかかったり、すぐに忘れてしまったりするものです。その漢字の意味や成り立ちを知ることで、漢字への興味を持たせるとともに、楽しみながら学習できるよう保護者としてできるサポートをしていけるとよいですね。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A