【マンガ】どうなる!? 息子2人の大学受験…イマドキ保護者の悶えるホンネ <第17回>言えなかった言葉

大学生と高校生のお子さまを持つマンガ家、よしだゆうこさん。息子さんたちの大学受験を前にして、セキララな保護者のホンネをマンガでお届けします!

※前回はこちら

不合格がわかり、子どもにどう声をかけるか。

まずは、受験に向けての努力をねぎらおうと「よくがんばったな」と言ったものの、すぐに否定されてしまいました。

報われない努力があることは、みんなわかっています。がんばればがんばるほど、結果が伴わなかった場合はショックが大きい。それでも、結果が出なかったとしても努力が残る。しかし長男はショックを受けているように見えず……それが私にとってショックでした。燃え尽きることもできず、長男はやり残した感情が残ってしまいました。

親は子どもをよく見ているので、これは実際厳しいなと思うことは何度もありました。でも、「大丈夫だよ」「信じていこうぜ」と励まし続けました。それしかできなかったからです。

残念な結果にはなりましたが、だからといって子どもを責めることもできません。彼には彼の人生があり、不合格は通過点であることもわかっていますし、何より責めても結果は変わりません。

ただ……割と一生懸命応援していたので「がんばったな」くらいは言いたかったなあ!!
これは親のボヤキです!!

《やる時にやっておかないと後悔するよ!》ということを、よりにもよって受験で学んだ長男。これからの人生で役立つ日が、きっと来ます。

\過去のマンガはこちら/

<第1回>長男の受験、次男の経験
<第2回>ナゾだらけの受験制度
<第3回>遅すぎるスタート
<第4回>高校生は忙しい!
<第5回>チャンスの数だけ…
<第6回>いざ!感染症対策
<第7回>お正月の誘惑
<第8回>親にできること
<第9回>受験生家族の過ごし方
<第10回>フルタイム入試
<第11回>入試直前の宣言
<第12回>母のストレス、表面化する
<第13回>息子の背中を見送る日
<第14回>さらば受験生
<第15回>運命の2月
<第16回>ブラックコーヒーの味

プロフィール

マンガ よしだゆうこ

マンガ よしだゆうこ

男子母歴もうすぐ20年のイラストレーター、漫画家、グラフィックレコーダー。
マンガでわかるデザイン本「デザイナーじゃないのに!」(ソシム)共著。
「息子が大きくなりまして」(マイナビニュース)連載中。インドア派だけど旅行好き。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

記事ランキング

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A