間隔は? 時間は? 1歳までの授乳ペースまとめ

赤ちゃんが生まれたばかりのママにとって、悩みのひとつが授乳です。間隔が短すぎたり長すぎたりしないだろうか、1回の授乳時間はこれでいいのだろうか、ミルクと母乳を混合であげている場合の量はどう量ればいいんだろうか…、など、悩みは尽きないかと思います。
そこで今回は、生後1年までの赤ちゃんについて、目安となる授乳ペースをまとめてみました。量や回数、感覚に迷ったときにぜひ参考にしてみてください。

生後1ヵ月までは、間隔も1回の授乳時間も短い

生後1ヵ月までの赤ちゃんは母乳やミルクを吸う力が弱く、少し飲むとすぐに疲れて眠ってしまいます。また、まだ上手に母乳やミルクを飲めないため、飲んでもすぐにおなかが空いてしまうことが特徴です。
そのため、授乳間隔も1回の授乳時間も短くなります。ほしがるタイミングであげるといいでしょう。回数は、母乳だと1日12回以上になることもあります。

間隔は1~2時間おきくらいが平均です。量と時間は、母乳の場合は左右それぞれ5~10分ずつ飲ませてあげましょう。ミルクの場合は母乳に比べると消化吸収が悪いため、3時間ほど間隔をあけるようにしましょう。
量はミルク缶に記載されている量を目安にしますが、基本的にはほしがるだけあげても大丈夫です。ただしミルクは母乳よりもカロリーが高いため、目安を大きく外れないようにしましょう。母乳とミルク混合の場合は、できるだけ母乳を与え、足りない分をミルクで補うようにしましょう。赤ちゃんの体重を測りながら、なかなか増えないようであればミルクの量を増やしてあげてください。

生後3ヵ月になると、授乳の間隔もだんだん長くなる

生後2~3ヵ月になると、赤ちゃんもうまく母乳やミルクを飲めるようになってきて、消化器官も発達してきています。まとめて3時間くらい眠るようになることも多くなるため、特に夜間の授乳間隔が長くなってくることも多いです。

回数は母乳だと1日8~10回くらいになり、ミルクだと6回くらいに安定してきます。
母乳の間隔は1~3時間程度になります。ミルクの場合は、3時間は間隔をあけるようにしましょう。
時間は母乳の場合は左右それぞれ15分くらいが平均です。ミルクは1回160ミリリットルくらいの量になります。
なお、ミルクと母乳を混合で飲ませていて完全母乳に移行したい場合は、生後2~3ヵ月くらいの間から、少しずつミルクの量を減らしてみましょう。

生後3ヵ月~1年になると、赤ちゃんもママもペースができてくる

赤ちゃんとママの間で授乳のペースがつかめてくるのが、生後3ヵ月以降です。
赤ちゃんに満腹中枢ができてきて、ママから見ても「おなかがいっぱいなんだな」ということがわかるようになります。
また赤ちゃんも1回の授乳でしっかりと母乳やミルクを飲めるようになり、時間も回数も減ってくることが特徴です。タイミングは、赤ちゃんがほしがったときにあげるようにするとよいでしょう。

回数は母乳の場合1日6~8回程度、ミルクの場合1日5回程度が平均です。量と時間は、母乳の場合の授乳時間は左右それぞれ5~10分くらいが目安です。
ミルクは1回200ミリリットルくらいになるでしょう。ミルクから母乳に移行する場合は、3ヵ月を過ぎたあたりから1日でミルクをあげる回数を1回程度まで減らしてみましょう。
なお、産後3ヵ月を過ぎると、母乳の分泌効率がよくなるため、おっぱいはあまり張らなくなります。母乳の出が悪くなっているわけではないため、ミルクを足しすぎないように注意しましょう。

授乳ペースは個人差も大きい

授乳ペースは個人差が大きいことが特徴です。今回ご紹介した内容より時間や回数が多くても、飲み過ぎていたり発達が遅れていたりするわけではないので安心してください。大切なのは、赤ちゃんとママの間で、自分たちだけの授乳ペースを見つけること。赤ちゃんの様子やママ自身の体調に目を向けながら、心配しすぎず、マイペースに授乳ペースをつかんでみてくださいね。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A