最新入試情報と対策法がわかる
無料オンラインセミナー開催中

受験・進路の悩みごと、コロナ禍での不安を
教育情報フォーラムで解決します。

教育情報フォーラムとは

受験・進路の悩みや不安を解決する
オンラインセミナー

コロナによる影響で、入試日程の変更や授業カリキュラム変更など、受験生を中心に学習への不安の声をいただいています。これまでの入試対策が通用しにくい今、各地域ごとの最新情報とこれからの入試対策を、受験・学習のプロが解説します。

春、前を向くそのために。
応援ムービー

中学生編

高校生編

教育情報フォーラムの特徴

受験・学習のプロの解説をご自宅で

受験のプロ講師が、スライドを使いながら丁寧に解説。大切なポイントがまとまっているので、しっかり理解できます。
ご希望者には資料をご自宅に無料でお届けします。

一人一人の不安に向き合った個別対応

セミナー当日は、チャットで個別質問にお答えしますので、疑問をその場で解決できます。またお子様の学齢や地域にぴったりの教育情報も配信します。
※10月下旬リリース予定

地域に合わせた最新情報

地域ごとに傾向と対策が異なる高校入試は、各地域の情報にくわしい提携パートナー塾講師が合格法を解説します。
※11月から中学生向けに展開予定

速報! 9月実施セミナー満足度

中学生向け97% 高校生向け92

  • 「大変、勉強になりました。またとても分かりやすい説明だったと思います。​学校では、こういった保護者向け説明会がないので視聴できてよかったです。」​
  • 「オンラインなのに​私がした質問に答えてくれて嬉しかったです。しかも参考になりました。ありがとうございます​。」​

※9月セミナーアンケートより

開催中のセミナー

当日参加できなくても、
後日アーカイブ動画で視聴可能!

セミナー当日に参加いただけなくても、後日アーカイブ動画でセミナーを視聴できます。繰り返しセミナーを視聴できますので、理解できなかったところは再度見直すこともできます。
※セミナー参加者は講師の説明を聴くだけで、ご自身のカメラをオンにしたり、声を出す必要はございません。

昨年のセミナー参加者の声 地元の入試傾向や対策に精通 セミナー参加塾一覧 くわしくはこちら> 地元の入試傾向や対策に精通 セミナー参加塾一覧 くわしくはこちら>

あわせて開催中

無料セミナーの資料お申し込みで
今すぐ役立つ受験対策教材を
全員プレゼント!

公式アプリ

見逃しなくセミナーに参加
アーカイブ配信も全部無料視聴できる

公式アプリをダウンロードするとセミナーやタイムリーな教育・受験情報をいち早く入手できます。

教育情報フォーラム公式アプリ ベネッセ 教育情報 教育情報フォーラム公式アプリ ベネッセ 教育情報

教育情報フォーラム公式アプリベネッセ 教育情報

公式LINEもお見逃しなく

LINE LINE

ベネッセ 教育情報

2021年度
高校・大学入試の
よくある質問ランキング

  • 高校入試
  • 大学入試
  • 受験生は一日何時間くらい勉強するのがいいの?

    回答を見る

    よく言われているのは、「学年+1時間」ですね。
    (中3だったら4時間、という考え方です)

    もちろん、これは平日の目安となりますので、休日などはもう少し追加して、もっと長めに勉強できる時間を確保すべきです。

    ただ、一番重要なことは「何時間勉強するか」よりも、「どれだけ集中して勉強できたか」です!ただダラダラと時間を使っていても、何の役にも立ちません。なので、勉強に取り組む際には、何の勉強をどこまでやるのか、をあらかじめ決めて、きちんと時間を図ってやることが大切です。
    加えて、長時間やり続けるとどうしても集中が途切れがちになってしまいますので、途中で数分か休憩を取ることも重要ですよ。

  • 2学期以降の勉強のすすめ方がわからないです…

    回答を見る

    受験も2学期になると、定期テスト対策と受験勉強対策といろいろあります。どちらをどんな形で進めていけばいいのか、悩むところですよね。そんな人のために、進研ゼミが考える2学期以降の学習のポイントを、オンライン授業で紹介していますので、こちらを見ていただいて、今後の学習の参考にしていただければと思います。

    【全国版】録画公開中:
    「公立高校合格にむけた2学期の学習戦略」
  • 過去問は、だいたいいつくらいからどれくらいやればいいものでしょうか?

    回答を見る

    9月後半くらい(2学期期末テストまたは後期中間テスト終了後)を目安に取り組みましょう。さまざまな内容・難易度の問題に慣れるため過去3~5年分はやっておくことをおすすめします(新しいほうから順に)。
    ここでのポイントは、過去問は複数回行うべき、ということです。
    一度だけだと、出題傾向があまりわかりませんし、どこが自分にとって苦手なところなのか、なかなか気づけないと思います。複数回取り組んでみることで、間違えがちな問題はどこなのか、発見しやすくなりますので、一度だけでなく、必ず2~3回は取り組んでみてくださいね。

  • 今年の入試の出題範囲が変更になる、という話を聞いたんですが…

    回答を見る

    今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、中学校が休校になったり、高校の学校説明会が延期もしくは中止になったりなど、例年とは大きく状況が異なっています。高校入試についても不安に感じている中三生と保護者の方も多いのではないでしょうか。
    そこで、来春実施される2021年度(令和3年度)公立高校入試の情報をまとめました。例年から変更があるのかなど、受験する県の情報をご確認ください。

    随時更新:
    コロナで変わる? 2021年度公立高校入試変更点まとめ
  • 模試の結果が悪かったんです…志望校は変えるべきですか?

    回答を見る

    模試での合格可能性が悪いと、落ち込んでしまいますね。
    でも、合格可能性に喜んだり悲しんだりする気持ちもわかりますが、そのまま受け止めるだけでは、ちょっともったいないです。

    まずは、どの教科がどのくらい悪かったか、をきちんと確認してください。思ったより取れていない教科はどれなのか、きちんと確認したうえで、今後の学習計画を立てるときにその教科の学習時間をより多めに当てはめるなど、きちんと計画に入れ込んで対応することが重要です。「苦手だから」などとただあきらめて終わりにするのではなく、きちんと取り組む対策を考えましょう。

    次に、各教科でどの問題・単元で間違えたのか、をちゃんと見直しましょう。
    その問題をなぜ間違えたのか(わかっていたのに間違えたのか、そもそも理解できていなかったのか、など)を確認したうえで、復習するようにしてください。間違えた問題は自分の弱点なので、そこをまず優先してやるようにしてみてくださいね。

そのほかの質問をもっと見る
  • 入試要項にはたくさんのことが書かれていて、どのように読んだらいいのか分かりません。読むコツはありますか?

    回答を見る

    入試要項を読むときのコツは、以下の5点です。

    (1)「2021年度入試(令和3年度入試)」になっているか、の確認!
    ⇒大学HPには、過去の物(例:2020年度入試=現大学1年生対象)も掲載されている場合がありますので、年度に注意しましょう。

    (2)「入試科目・配点」の確認!
    ⇒過去とは入試科目や配点が異なっている場合があります。特に入試は総合点で決まりますので、どの科目の配点が高いのかは必ず確認しましょう。

    (3)「出願日、出願書類、出願基準」の確認!
    ⇒出願日に間に合わせるためにどのような書類が必要なのか、出願基準に適しているかの確認を行いましょう。

    (4)「試験日」の確認!
    ⇒複数の大学を受験することになると思いますので、無理のない日程になっていないか(例:受験日が4日以上続く等)の確認をしておきましょう。

    (5)「コロナによる影響」がないかを確認!
    ⇒出題範囲への配慮や出願基準の変更がないかを、確認しておきましょう。

    また、今後も変更点が出てくる場合もあり得ますので、週に1回程度は志望大の大学HPをチェックしておくと安心ですね。

    >出典
  • 国公立大は、前期・後期ともに、同じ大学・学部に出願することはできますか?

    回答を見る

    はい、可能です。
    ただし、最近では「後期試験」を実施しない大学も増えてきています。
    ですので、志望している大学が後期試験も実施するのかの確認は、入試要項で確認しておきましょう
    また、後期は難度が上がる可能性が高い、つまり共通テストで必要になる得点率が高くなる傾向にありますので、後期の出願先の候補は複数持っておくと、出願時にあわてなくてすみますよ。

    >出典
  • 共通テストの「第2日程」を選んだ方が問題の傾向がわかったうえで当日を迎えられるのでよいように思いますが、「第1日程」「第2日程」どちらの方が良いのでしょうか?

    回答を見る

    確かに「第2日程」の場合、「第1日程」で出題された問題の内容を見ることができ、試験当日を迎えることができるメリットはあるかと思います。
    ただ、過去問はないにせよ、すでに共通テストの問題傾向を踏まえた模擬試験や問題集など、今からでも共通テストの対策は十分できます。
    「第2日程」の場合、国公立大学の出願まで時間的な余裕がなく、また、国公立大学の2次試験や私立大学の一般選抜までの期間が短くなり、そこに向けての対策をとる時間が少なくなるため、特別な事情が無い場合は「第1日程」を選んだ方が無難であると思われます。

    >出典
  • 私立大学のみの受験を考えているのですが、「共通テスト」は受験しておいた方が良いでしょうか?

    回答を見る

    私立大学の場合、一般的には「一般選抜」の募集人員が多いため、「共通テスト」の受験は必須ではないと思います。
    ただし、最近では私立大学の「一般選抜」であっても「大学独自問題+共通テスト」のように、共通テストが必要な場合も出てきています。
    また、新型コロナウイルスに罹患し、予定していた入試を受験できなかった場合、共通テストを利用する方式で代替したり、振替えたりする私立大学もあるので、様々なことを想定し、共通テストを受験しておくことをお薦めします。

    >出典
  • 個別試験の出題内容に配慮がなされ、「発展的内容が出題されない可能性がある」とのことですが、今まで通り学習はしておいた方がよいのでしょうか?

    回答を見る

    文部科学省から「教科書の『発展的な学習内容』からの出題はしない、もし出題する場合は設問中に補足事項等を記載する」と、各大学に配慮を求める発信がありました。ただ、「個別試験での出題内容への配慮」は、各大学の判断に委ねられることになりました。
    ですので、どの大学を受験するかをまだ決定していないということであれば「発展的な内容が出題」されても対応できるように、幅広く構え、学習しておいた方がよいと言えるでしょう。

    >出典
そのほかの質問をもっと見る

このページをシェアする

  • シェア
  • シェア
  • シェア

制度改訂スケジュール

 2022年度
東京都の都立高校入試でスピーキングテスト活用
 2021年度
「新学習指導要領」中学校で全面実施
 2020年度
「新学習指導要領」小学校で全面実施
「大学入学共通テスト」実施

本サイトの引用・転載・取材について

新聞・雑誌・テレビ・WEBサイト問わず、本サイトに掲載している内容の引用・転載をご希望される方は、事前に【連絡先】まで【必要事項】をご記入のうえご連絡をお願いいたします。
また、新課程・新入試について、家庭・学校教育の変化についてなど、取材を希望される場合も下記【連絡先】まで【必要事項】をご記入のうえご連絡ください。

【連絡先】

<ベネッセPR事務局>
benesse@vectorinc.co.jp

【必要事項】

  • ・媒体社/媒体名
  • ・掲載予定日
  • ・掲載予定コーナーもしくは掲載内容
  • ・ご担当者名
  • ・ご連絡先

【出典記載例】

※必ず出典先(ページ名、URL)を記載ください。

最後に、引用・転載された掲載物見本の送付にご協力をお願いします。

送付先:
〒206-8686 東京都多摩市落合1-34
(株)ベネッセコーポレーション 進研ゼミ ブランドコミュニケーション担当宛

子育て・教育Q&A