英語が大好き!家庭でできる子どもの英語をぐんと伸ばす方法!

「英語大好き!」と習った単語やセンテンスを楽しそうにお子さまがつぶやいているとうれしくなってしまいますね。どうかこのまま、ずーっと好きでいてくれますようにと願わずにはいられません。英語への興味をさらに伸ばすには、どんなことをしたらよいのでしょうか。

(赤ペン先生 河原)

この記事のポイント

「お勉強感」を感じさせないことがいちばん

英語を学び始めたお子さまが「英語が好き!」という理由。それは新しいことを覚えることのワクワク感と、英語のリズムのかっこよさ。それらを純粋に「楽しい」と感じられるからだと思います。
ほかの教科と違って「勉強」という感覚は薄く、遠足や校外学習などの楽しさに近いのではないでしょうか。この純粋な「好き」という気持ちを持ち続けてもらうには、「お勉強感」を感じさせないことがいちばんです。
5年生から評価の対象になり、中学に入ると難しくなるから、今のうちにいろいろ「教えておかなくては」などと焦ってしまうのは逆効果。せっかく芽生えた興味を大事に育てるには、手をかけすぎず、お子さまの「好奇心」をそっと見守るのがコツであると思います。

押し付けず、さりげなく散りばめる

そうは言っても何かしてあげたい。そんなときには、お子さまの目や耳に自然に入るように、さりげなく“英語”をおうちの中に散りばめておくのはいかがでしょうか。
英語の曲を流したり、アニメやドラマを見てみたり、英語の絵本や英文が書かれたポスターなどを飾ったりしてみるのです。難しく考えずにご自身が好きなものを取り入れ、あくまで好きだから見ている、飾っている、というスタンスでいるのがよいと思います。
おうちのかたが楽しそうに見聞きしているとお子さまは興味津々。「何て言ってるの?」「何て書いてあるの?」と大いに好奇心を刺激されることでしょう。

英語を使って一緒に遊んでみる

英語を話したくてたまらない、知りたくてたまらない、というお子さまには、日常会話の簡単なフレーズで一緒に遊んでみるのはいかがでしょうか。
「How much ~ ?」を使ってお買い物ごっこをしたり、「What is this ?」と質問し、部屋の中のものを順々に英語で答えてみたり。わからない単語は一緒に調べてもいいし、日本語のままでも構わないと思います。
「正しさ」にはこだわらず、非日常の会話を親子で楽しんでみるだけでじゅうぶんです。おうちのなかでも「英語」と「楽しい」が結び付いたなら、「英語が好き」というお子さまの気持ちは、ますます膨らんでいくことと思います。

まとめ & 実践 TIPS

英語を「楽しい」ところからスタートできる今の小学生は、とても恵まれていると思います。
幼いころから、かっこいい英語を耳にする機会がふんだんにあるせいか、発音するときも堂々として恥ずかしがらず、頼もしい限り。英語を気負わずに使いこなせる時代が本当に来るかもしれない、と期待を寄せてしまいます。お子さまが初めに感じた「好き」という気持ちが、そんな未来の最初の一歩です。
お子さまの気持ちを大切にしながら、肩の力を抜いておうちのかたも一緒に英語を「楽しんで」みること。その楽しい記憶こそが、これから英語を学び続けるお子さまにとって、何よりの原動力になるのではないかと思います。

赤ペン先生 河原はるこ

赤ペン先生 河原はるこ

赤ペン先生歴8年。4年生担当。
高校生の時、「赤ペン先生」の心のこもった美しい字のおたよりに励まされた思い出があり赤ペン先生に。子どもたちへは、「まちがえるのは恥ずかしいことではない!」「どんどんまちがえましょう!」という想いを持ちながら、一生懸命に書かれた解答を尊重し、大切なポイントが一目でわかる指導を心がけている。
趣味:読書とフルーツ酢作り
自己紹介:のんびり屋、でも好きなことには熱い一面も。
中高生三児の母。

プロフィール

赤ペン先生

赤ペン先生は「進研ゼミ」の選考に合格し、ゼミ独自の研修・教育を通じて、教科の学習内容やお子さまの力を伸ばす指導法などを学んだ人です。 お子さま一人ひとりの解答状況や学習の到達度に合わせて、丁寧に添削・指導いたします。 ※「赤ペン先生」は(株)ベネッセコーポレーションの登録商標です。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A