保護者も知りたい!定期テストで好成績を取るヒケツ<数学>【大学受験】

お子さまの成績を左右する定期テスト。できるだけよい成績が取れるよう、サポートしたいところですよね。そこで、定期テストでいつも成績上位者にランキングされていた先輩たちに、好成績を取るヒケツを聞いてみました。今回は、数学のヒケツを3つご紹介します。

この記事のポイント

<数学のヒケツ その1> 同じ問題を、とにかく繰り返し解く

定期テストの成績上位者のほぼ全員が、「同じ問題を、解けるようになるまで解く」ことをヒケツとして挙げていました。何度も同じ問題に接することで、公式や解法パターンを身につけることができるようです。数学がニガテという場合は特に、試してみる価値がありそうです。実際にこのヒケツを実行していた先輩たちの体験をのぞいてみましょう。

体験談
「問題を見ただけで、解答が浮かぶまで解いた」

数学はとにかく問題を解かないことには成績は上がりません。そのため、ひたすら問題を解きまくりました。特に定期テストは教科書の範囲内からしか出題されないので、教科書の例題、章末問題を中心に同じ問題にも何度も取り組み、見ただけですぐに解法がわかるようになるまで解きまくりました。そうすると定期テストはもちろん、模試でも似たような問題が出たときにも、わかるようになりました。
(佐賀大 医学部)

「できない問題が一つもない状態まで解いた」

定期テストはほとんど、配布されたプリントや指定のワークから出題されるので、その中の問題で、できない問題が一つもない状態になるまで繰り返し解きました。そのおかげでテストでは、少しひねった問題が出てもとまどわずに解答することができ、満点に近い点数が取れるようになりました。受験勉強の下積みにもなっていたと思います。
(大阪大 法学部)

「解法を暗記するまでひたすら繰り返した」

私はもともと数学がとても苦手で、どうしたら得意になれるか悩んでいたのですが、先生の「数学もある程度までは暗記科目だ。公式や解法をきちんと覚えないと話にならない」という言葉を聞いたのをきっかけに、解法を暗記するくらいまで、ひたすら問題集を何周も繰り返し解く、という勉強法を始めました。

解法を覚えるくらい練習を積むと、自然と数学のコツが身についていき、問題集に載っていない問題でも、暗記した解法を応用して、取り組めるようになりました。定期テストでいつも90点以上取れましたし、高3になってもこの勉強法を続け、受験の数学にもこの勉強法で臨みました。この勉強法は正解だったと今でも思っています。
(大阪大 人間科学部)

<数学のヒケツ その2> 基本問題の演習でケアレスミスをなくす

「同じ問題を繰り返し解く」ことと同じくらい多かったのが、「簡単な問題をたくさん解く」「基本問題で計算の間違いをなくす」という対策でした。難しい解法を知っていても、計算間違いなどをしてしまうと、減点、失点となってしまいます。基本に立ち戻ることが重要ということです。

体験談
「基本問題と応用問題を交互に解いた」

まず10問ほど簡単な計算問題を行い、その後、応用問題を10問ほど解くということを行っていました。定期テストで間違えた問題をもう一度解くためのノートを1冊購入し、受験のときもそのノートを持ち運んでいました。

数学では「どれだけ基礎能力が定着しているか」が大切になってくるので、簡単な問題であっても、おろそかにすることなく、解くことが大切だと思います。基本問題と応用問題の反復が数学の苦手意識を克服し、かつ得意にするための方法だと思います。
(東北大 経済学部)

<数学のヒケツ その3> 別解も考えて解いてみる

数学を得意科目にした先輩の対策法で共通していたのが、「問題を別解でも解いてみる」という方法でした。ほかの解法で解いてみることで、数学の理解が深まるようです。

体験談
「別解をチェックして新しい解法を吸収した」

別解があれば、それもチェックしていました。別解を知ることで、新しい見方ができ、一つの解法だけでなく、さまざまな解法で問題を解く力がつくようになりました。
(東京理大 工学部)

「別解を意識して応用力を身につけた」

定期テストでは、主に教科書や学校指定の問題集の内容が出題されるので、何度も問題を解き直して、解法パターンを理解・暗記していました。このとき、ただ解答を読むのではなく、自分なりの解答を作る(わからなかった問題は解答を書き写す)ように努めていました。
こうすることで、答案を作る力を確実に身につけることができます。特に数学は、ただ計算式を羅列しただけでは減点される可能性があるので、しっかりと文章を書いたり、図を使って説明したりするようにすると、減点が少なくなるはずです。

また、ひと通り問題を解き終えたあとに、同じ問題を別の方法を使って解くことはできないか、考えるように心がけました。こうすることで、ある特定の解法に偏らず、より多くの問題に対処することが可能になったと思います。
(東北大 工学部)

まとめ & 実践 TIPS

定期テストの成績上位者によると、数学で好成績をとるヒケツは、「同じ問題をとにかく繰り返し解く」「基本問題の演習でケアレスミスをなくす」「別解も考えて解いてみる」ことのようです。次の定期テストでは、こんな耳より情報をお子さまに伝えることで、さりげないサポートを試みてはいかがでしょうか?


出典:マナビジョン
成績上位者の対策はココが違う!定期テスト成功のオキテ<数学>
https://manabi.benesse.ne.jp/lab/student/study/study057/index.html?utm_source=kj&utm_medium=banner&utm_campaign=manabi

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A