自分で作る!はじめてのお弁当レシピ 高校生編

 みなさんはお弁当を作ったことがありますか?食事のお手伝いなどはあっても、お弁当は初めての人も多いかもしれませんね。
今回は「お料理は全然やったことがなくて、どうしていいかわからない」って思う人にも、作りやすい定番のおかずを使ったお弁当をご紹介します。


◆ていねいに巻こう。牛肉のアスパラ巻き

材料

牛もも薄切り肉……150g

グリーンアスパラガス……4本

塩・こしょう……少々

 

・出汁……大さじ1

・みりん……大さじ1

・しょうゆ……大さじ1

・酒……大さじ1

・砂糖……小さじ1

 

作り方

1.アスパラガスの根元1cmは固いので切り落とす。下半分は皮が固いのでピーラーでむく。熱湯に塩をひとつまみ入れて、やや固めにゆでるのがポイント。

 

2.牛肉を重ねて広げ、アスパラガスを2~3本ずつ巻き、塩・こしょうをしておく。


3.フライパンに油を熱し、2をとじ目を下にして入れ、ころがしながら強火で焼き、色が変わったらAを入れ、肉にからめながら煮詰める。

 

4.火を止めて、適当な長さに切る。

 

ポイント

・アスパラガスなど緑の野菜をゆでるときは、ひとつまみほど湯に塩を入れてあげると、緑が鮮やかに茹で上げることができます。

・巻いたお肉を焼くときは、先にとじ目を下にして焼いてあげると、お肉同士がくっつき、巻きがとれることを防ぐことができます。

 

 


◆ゆっくりやれば大丈夫!厚焼き玉子

材料

たまご……2個

牛乳……大さじ1

塩・こしょう……少々

 

作り方

1.卵をほぐして、牛乳と塩・こしょうを入れ混ぜ合わせる。

 

2.卵焼き器またはフライパンに油を熱し、卵液を流しいれ、半熟になったら向こう側から手前に巻き、さらに卵液を流しいれて巻き重ねていく。

 


3.適当な大きさにカットする。

 

ポイント

・厚焼き玉子は四角い厚焼き玉子用のフライパンを使用することをおすすめします。色々な素材のものが売っていますが、一番焦げ付きにくいテフロン加工のものがおススメです。

・慣れるまでは弱火でゆっくりやるのが、焦らず失敗しないポイントです。

 

 


◆意外と簡単!定番のポテトサラダ

材料

じゃがいも……2個

 

・酢……小さじ1

・塩・こしょう……少々

 

・マヨネーズ……大さじ4

・塩・こしょう……少々

 

(具)

にんじん……30g

きゅうり……1/2本

 

下準備

・にんじんはいちょう切りにして柔らかくなるまでゆでる。

・きゅうりは輪切りにし、塩をひとつまみ入れ、約5分おき水気を絞る。

 

作り方

1.鍋に水とじゃがいもを入れて沸かし、やわらかくゆでたら、水を切り、熱いうちにざっとつぶしてAを混ぜ合わせる。

 

2.冷めてから1に具とBを合わせる。

 

ポイント

・じゃがいもなどの根菜は、水からゆでると、中までしっかり火が通ります。

・じゃがいもはフォークなどを使ってつぶしてあげると、潰しやすいです。

 

 


◆混ぜるだけ!ちりめんじゃこと大葉のごはん

材料

ごはん……適量

ちりめんじゃこ……大さじ1~2

大葉……1~2枚

白ごま……小さじ2

 

作り方

1.大葉は細切りにする。

 

2.温かいご飯にちりめんじゃこと白ごまと1を加え混ぜ合わせる。

 

 

◆ちょっとしたすき間に添え野菜

プチトマトやフルーツを入れることで、見た目もきれいな盛りつけになります。

 

慣れないうちは、できるだけていねいに食材を扱ったり、ゆっくりと作業したりするようにしましょう。次第にコツがつかめてきますよ。

 

 

プロフィール

執筆:佐藤恵美

フードコーディネーター、フードスタイリスト、ジュニア野菜ソムリエ。大手料理教室での料理とパンの講師経験後、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。レシピ開発、料理教室講師、パーティー出張料理、料理コラム執筆などで活動中。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A