子ども服についた頑固な汚れ落としの裏ワザ ~お絵かき汚れ編~

 お子さまが手にするペンやクレヨンは楽しいお絵かきグッズですが、衣類についてしまった瞬間に、汚れへと変身してしまいます。しかもお絵かきグッズの場合は、正しい方法で洗わないと汚れがどんどん広がってしまう恐れも。今回は、文房具のタイプ別に洗濯のコツを紹介します。


油性ボールペン、油性マーカー、水彩絵の具の汚れを落とすテクニックを動画でチェック!

 

 実は、食器洗剤などの中性洗剤で落とせるのをご存じですか? 汚れの部分に中性洗剤をつけて、水かぬるま湯で揉み洗いしましょう。それから洗濯表示に従って、いつもどおりに洗濯機で洗います。

 

中性洗剤は、汚れの周囲から中心に向かって塗りましょう。いきなり中心に原液を垂らすと、輪ジミになってしまう恐れが。素材が毛や絹であれば、中性洗剤の変わりに消毒用エタノールや除光液(プロピレングリコール類含有のもの)を使用してもOKです。

 

 

ジェルペン、水性ボールペン、水性マーカー、蛍光ペン、墨汁の汚れを落とすテクニックを動画でチェック!

 

 これらの汚れは、基本的には水と歯磨き粉で落とします。歯磨き粉を汚れの部分にたっぷりとつけて、水で濡らした歯ブラシなどで汚れをこすり洗いしましょう。洗面台の上やお風呂の床などの硬い部分で、汚れをしごき出すようなイメージで力を入れてこすります。

 

それから水かぬるま湯で揉み洗いしましょう。あとは洗濯表示に従って、いつもどおりに洗濯機で洗えばOKです。

 

 

クレヨンの汚れを落とすテクニックを動画でチェック!

 

 クレヨンには油分が含まれているので、中性洗剤やクレンジングオイルなどを使用した油汚れ向きの洗濯方法が効果的です。

 

まずは汚れの周辺から中心に向かって、きれいな消しゴムで軽くこすっていきます。生地が傷んでしまう恐れがあるので、あまり力を入れすぎないように気をつけてください。

 

次に、台所用洗剤かクレンジングオイルを汚れの部分につけて、水かぬるま湯で揉み洗いします。台所用洗剤とクレンジングオイルを1:1の割合で混ぜたものを作れば、両方の長所を同時に取り入れることができて、使いやすいはず。

 

この作業を数回繰り返すことで、クレヨンの汚れはかなりきれいになっていくでしょう。最後は、洗濯表示に従って、いつもどおりに洗濯機で洗えばOKです。

 

どの方法も家庭でカンタンに行えてとても便利ですが、いずれの場合も、使う中性洗剤や歯磨き粉によっては衣類が色落ちしないか、事前に確認しておくことが大切です。裏側などの目立たないところで試してから、行うようにしてくださいね。

 

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A