思春期の子のほめ方は?[教えて!親野先生]

【質問】

 

思春期に入ったようで、何かほめてもあまりうれしそうな顔をしなくなりました。小学生のころはほめられるとうれしそうで、こちらもほめがいがあったのですが……。「もうほめてやらないぞ」と思ってしまいます。(ブレンドコーヒー さん:中学1年生女子)

親野先生からのアドバイス

ブレンドコーヒーさん、拝読いたしました。

おっしゃる通りですね。
思春期の子はほめられても無反応で、ほめがいがないと感じている人は多いと思います。でも、うれしそうな顔をしなくても、本心ではうれしいということはあると思います。ですから、親はくじけることなくほめてあげてほしいと思います。

それと、私はほめ方を工夫することも大切だと思います。
あるお母さんに聞いた話ですが、「勉強も部活もがんばってるね」と中2の子をほめても大してうれしそうな顔をしなかったそうです。
ところが、ある日「中学生って本当に忙しいね。部活も宿題も塾もあって……。大変だよね」としみじみ言ってから、「あなたは時間の管理を工夫して勉強の時間を生み出しているんだね」と言ったら、すごくうれしそうな顔をしたそうです。

この話を聞いて、私は二つのポイントがあることに気付きました。
一つめは、まず最初に「共感」があったことが大きいと思います。
子どもとしては、「自分の大変さがちゃんとわかってもらえた」ことが本当にうれしいのです。ですから、これはとても大事なポイントだと思います。
二つめは、「時間の管理を工夫して勉強の時間を生み出している」と言われたことで、「自分が努力しているところをピンポイントでちゃんとわかってもらえた」と感じてうれしかったのだと思います。親が自分のことを「ちゃんとわかってくれている」「ちゃんと見てくれている」と感じられて、これがうれしいのですね。

そう言えば、いま思い出しましたが、図工の授業である男の子を「上手だねー」とほめたとき、その子はあまりうれしそうな顔をしませんでした。
次の授業のとき、その子の描いているところをよく観察しておいて、「この手や腕の立体感や丸みがよく出ているね。肌の明るいところから暗いところまで少しずつ色を変えたからだね」とほめたらとてもうれしそうな顔をしました。
これも「ちゃんとわかってくれている」「ちゃんと見てくれている」と感じられたからだと思います。
こういうほめ方なら、大人でもうれしいはずです。

もちろん、ただ「がんばってるね」や「上手だね」とほめるほめ方が無意味ということではありません。これも大事ですから、どんどん口に出して言ってあげてください。大した反応がなくても、内心はうれしいということもありますから。
大人は子どもによく「がんばってね」と言いますが、それよりも「がんばってるね」のほうがうれしいし、やる気も出るのです。

さて、思春期のほめ方であといくつか大事なことがあります。

親は自分がほめたいことをほめるのではなく、子ども本人がほめられたいと思っていることをほめることが大切です。つまり、自分の価値観を優先するのではなく、子どもの価値観を優先することです。ですから、親から見たら大したことのない趣味でもほめてあげてください。人は誰でも、自分の思い入れが強いことをほめられると本当にうれしいのです。こういうとき、自分が認められたと感じられるのです。

逆に、「親がやらせたいことをもっとやらせるためにほめている」ということが見え見えだと、子どもは喜びません。親がよくやってしまうのは、ほめたあとで「じゃあ、今度はもっとできるはずだから、もっとがんばって」「次はこれをがんばって」というように求めてしまうことです。
つまり、親が勝手に次の目標をつくってしまうのです。
多くの場合、それは親の価値観にもとづいたものです。親の価値観にもとづいた目標は、子どもにとっては押しつけられたものです。これらの場合、子どもは「ほめられた」と感じることができません。親の要求がエンドレスだということを察知して、喜ぶどころか嫌な気持ちになる子もいるでしょう。
親がそれをしなければ、子どもは自分で次の目標を考えることができます。自分の価値観にもとづいて、主体的に目標をつくることができるのです。それによって、子どもは主体的に自分の人生を生きられるようになります。
ほめることで親の価値観を押しつける、そういうほめ方にならないようにしてほしいと思います。それだと、子どもは自分の人生を生きられなくなってしまいます。

最後にひとつ。
思春期になるといろいろちゃんと見抜いていますから、大人をほめるような気持ちで心を砕いてほめることが必要だと思います。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
皆さんに幸多かれとお祈り申し上げます。

「共感力」で決まる!(単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062152797【お知らせ】
こちらの親野先生のコーナーから単行本第三弾が誕生!

大人気のこちらのコーナー、[教えて! 親野先生]が、本になりました。『「共感力」で決まる!』です。子育てが激変する親子関係の新ルールが相談例をもとにわかりやすく提案されています。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A