公立中高一貫校 「面倒見のよさ」より「自主性重視」で私立並みの受験指導も

私立と公立の中高一貫校の違いを考えたとき、もちろん学費の問題も重要だが、まず頭に浮かぶのは、「教育の中身」だろう。まずは、私立校について。森上教育研究所の森上展安氏は、こう説明する。

 

***

 

「教育方針としては、特に進学校では、コース制・先取り教育などの、難関大学受験に対応できるような豊富なノウハウがある。また、校風としては、生徒の面倒見の良さを前面に打ち出した私立が多く、公立との差別化を図っている。女子校や共学校では、校内の施設・行事・制服などで私立ならではの華やかさを特徴としている学校も多く、バラエティに富んでいる」

 

一方の公立の中高一貫校は、私立校とは異なる特色を持っている。

 

「公立中高一貫校は、中高一貫校としての歴史は浅いが、高倍率の適性検査を乗り越えて入学した生徒の集団である。設立趣旨としては、最初のころは『ゆとり教育』を目指していたが、次第に私立校並みの受験教育を行う『目的外使用』が公然化し、現在では、大学合格実績にも力点を置き始めている。大学合格実績でも、昨年の東京都立白鴎高校が東大合格者を5名出したことで、受験指導の質の高さが話題となった」(森上氏)

 

ちなみに、公立中高一貫校の校風は、「学校にもよるが面倒見というよりは自主性重視で、私立のような華やかさはない」(森上氏)とのことだ。

 

出典:私立と公立、どう違う? [中学受験 3年生] -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A