高3の科目選択で「迷わない&失敗しない」コツは? 文理別に選び方のポイントを徹底解説!

多くの高校では、高校2年生の12月までに「科目選択」が行われます。
科目選択とは、高3で履修する科目を選択すること。
高3でどの科目を履修するかは、大学受験にも大きく影響します。
たとえば、選択した科目が志望大の入試科目に含まれていなければ、受験できる大学・学部が限られてしまう場合も……。

そこで今回は、文系・理系別に、科目選択で「迷わない&失敗しない」ためのポイントをご紹介します。

お子さまが科目選択に迷っているとき、保護者のかたが選ぶコツを押さえていれば、適切なアドバイスができます。
お子さまの進路選択を応援するためにも、科目選択のポイントを知っておきましょう!

【文系】科目選択3つのルール

文系学部を受験予定のお子さまは、科目選択で3つのルールを押さえることが大切です。

①大学で学ぶ内容をベースに必要な科目を見極める

●「大学で学びたいこと」に近い科目を選ぶ
「文系」とひと口にいっても、大学や学部によって入試科目は異なります。
これは、実際に大学で学ぶときに、その土台や前提知識として必要な科目が入試科目となっているケースが多いから。

たとえば、文学・語学・国際関係学などの学部では、大学で歴史の知識が必要となるため、日本史や世界史が入試科目として課されることが多いようです。
また、法学や経済・経営学などの学部では、政治・経済が課される傾向があります。

大学で学びたい学問をお子さまが既に決めているなら、その内容に近い科目を選択するようアドバイスするとよいでしょう。

●国公立大と私立大では入試科目の傾向が異なる
ただし、国公立大と私立大では傾向が異なるので注意が必要です。

【国公立大】
国公立大の中には、公民では個別試験の受験ができない学部や、共通テストで公民を「倫理、政治・経済」でしか受験できないところも。

【私立大】
私立大では英語、国語、地歴・公民の3科目受験が基本となるため、ハイレベルな戦いが予想されます。
そのため、地歴・公民の科目選択でミスをすると、致命的な事態にも……。
また、私立大では地理で受験できない大学が意外に多いので要注意。
逆に日本史または世界史を選択しておくと、受験できる大学の選択肢が増えます。

②地歴・公民の2科目は「相性のよい組み合わせ」を選ぶ

国公立大の文系学部では、大学入学共通テストで地歴・公民から2科目が課されるケースが目立ちます。
地歴・公民の科目は10科目あり、2021年度の共通テストで最も受験者数が多いのが、「日本史B」と「地理B」の2科目でした。
この人数には理系学部受験者も含まれますが、全体の傾向としてこの2科目を受験した人が多いことがわかります。

出典:大学入試センター令和3年2月18日公表資料

お子さまの志望大・学部が未定の場合は、「受験者数が多い2科目を科目選択で選べばよいのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、各科目には相性の良し悪しがあり、組み合わせによって「この2つを選んだおかげで勉強がしやすい」といったメリットが得られる場合もあれば、逆のケースも。

科目選択では「科目ごとの相性」にも注目するよう、お子さまに伝えましょう。
ここでは例として、4つの組み合わせを紹介します。

日本史×政治・経済or現代社会
日本史の近・現代の内容は、政治・経済や現代社会と重なる部分が多いので、勉強の負担を減らせます。

世界史×倫理
世界史の文化史には、倫理の内容が含まれるので、効率よく学習できます。

世界史×日本史
この2科目を選択しておけば多くの文系学部を受験できますが、内容が重なることが少なく、どちらも学ぶ知識量が多いため、勉強の負担は大きくなります。

地理×政治・経済or現代社会
地理で学ぶ各国・地域の産業や経済は、政治・経済や現代社会の内容と重なる部分が多いので、勉強時間の短縮になります。

③共通テストで理科を受ける場合は、「基礎」科目を選ぶ

ほとんどの国公立大では、大学入学共通テストで理科の受験が必要です。
共通テストの理科には、基礎科目と専門科目(基礎を付さない科目)があり、各大学・学部によって必要な科目数などが異なります。

【基礎科目】
・物理基礎
・化学基礎
・生物基礎
・地学基礎

【専門科目(基礎を付さない科目)】
・物理
・化学
・生物
・地学

文系学部志望者の場合は、基礎科目2科目を受験するのが一般的です。
お子さまが通う高校のカリキュラムによっては、高2までに学び終わっている基礎科目があるかもしれません。
どの科目なら得点を稼げそうかを考えて入試科目決定や科目選択を行うようアドバイスを。
なお、たとえば生物が好きだからといって「生物基礎」と「生物」といった2科目を選択するのはおすすめしません。
専門科目は基本的に理系学部志望者が受験する科目であり、高度な内容が問われるからです。

【理系】科目選択3つのルール

理系学部を受験予定のお子さまは、次の3つのルールを押さえて科目選択を行うことが求められます。

1 志望学部の入試科目に沿って選択する

文系学部と同じく、理系学部志望者も、基本的には大学で学びたい学問に近い科目を選択するのが王道です。
特にポイントとなるのが理科。
理系学部の中には、理科の各科目が入学後に学ぶ学問の土台となる学部がたくさんあります。
そのため理系学部の入試では文系学部と比べて、以下のように理科の入試科目が指定されているケースが多くみられます。

【工学系統】
物理・化学の両方あるいはどちらかが指定されている場合が多い

【理学系統】
入学後の専攻に関係する科目が指定されている場合が多い

【薬学系統】
化学が指定されている場合が多い

【医・歯学系統、農・水産学系統】
生物選択可、地学選択不可の場合が多い

大学で学びたいことが決まっていれば、その内容に近い理科の科目を2つ選択しましょう。
決まっていない場合は、物理と化学を選んでおくと、受験できる大学・学部の選択肢が広がります。
お子さまが「好きな科目」だけで科目選択を行おうとしていたら、物理か化学を候補に入れるようアドバイスするとよいでしょう。

2 「共通テストで2科目受験」を見据えて選ぶ

大学入学共通テストの理科には基礎科目と専門科目(基礎を付さない科目)があります。各大学・学部によって入試に必要な科目数などは異なります。
各大学・学部では、以下のA~Dのいずれか(もしくは複数)のパターンを入試科目として指定する仕組みとなっています。

A.基礎から2科目
B.専門から1科目
C.基礎から2科目+専門から1科目
D.専門から2科目

理系学部では、BかDいずれかのパターンが目立ちます。
そこで、志望大が決まらないうちは、専門2科目が必要となるDパターンに対応できるよう科目選択を行うのがベストです。
お子さまは「勉強が大変だから理科は1科目だけ選択しよう」と考えるかもしれませんが、できるだけ2科目がんばるよう説得したいところです。

3 共通テストで地歴・公民を受ける場合は、負担の少ない科目を選ぶ

理系学部の場合、地歴・公民は共通テストでしか課されず、多くの場合は配点も低めです。
また、どの科目を選んでも、入学後の学びとの関連度合いに大きな差はありません。
そこで、問われる知識量が少なく、勉強に時間を取られすぎない科目を選ぶのがオススメです。
特に理系学部受験者は、地理Bを選択する人が多くみられます。
お子さまが地歴・公民の科目選択で迷っていたら、地理Bをすすめてはいかがでしょうか。

科目選択がうまくいけば、合格にグッと近付ける!

科目選択のポイントがだいたいつかめたでしょうか。
ここまで紹介してきたように、科目選択は、受験できる大学・学部の選択肢を広げたり、入試を有利に進めたりするうえでとても重要です。
保護者のかたが必要なときにアドバイスを送ることで、お子さまはきっとよりよい選択ができるはずです!

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A