模試の結果が思わしくなかった場合[模擬試験の上手な活用の仕方 第4回]

(4)模試の結果が思わしくなかった時



模試の結果が思わしくなかった場合[模擬試験の上手な活用の仕方 第4回]

模擬試験は「模擬」試験

模試の結果はよい時ばかりとは限りません。「あれだけ勉強したのに、何でこんな成績しか取れないの?」「何でうちの子は回によってこんなにも偏差値が違うの?」──何度となく頭を抱えることになるでしょう。11月以降の模試では、模試の答案を見て、「今頃になってこんなこともできていない!」、「こんな間違いをしている!」というショックを受け、今からどうすればいいのだろうと、呆然(ぼうぜん)とすることもあるでしょう。
そんな時は、こんな考え方をしてください。模擬試験はあくまでも「模擬」試験。本番とは出題レベル・出題傾向・受験集団など、あらゆる面で違います。数字やデータはもちろん大切な目安ではありますが、それらはあくまで「参考」です。
模試の結果どおり合否結果が出ないことはいくらでもあります。


前向きな言葉かけを

模試の成績が下降すると、本人も何となく自信がなくなります。子どもがスランプに陥った時は、親も困惑します。そのため、「こんな調子ではどこも受からないわよ」、「もう○○高校くらいしかないわね」などといった、言わずもがなのことをつい口にしてしまいがちです。あとになって冷静になってみれば、こんなことを言って、いいことは何もありません。
よその子どもと比較することもNGです。皆ががんばりだすのですから、偏差値が上がらないのは当たり前です。「偏差値が上がらなくてもいいから、これから各教科10点ずつ上げていこうね」──ある保護者はこんな言葉かけをしました。
私の知人に、私立の女子高校でバレーボール部の顧問をしている先生がいます。強豪校と試合をした時、まったく歯が立たず、相手のスパイクが次から次へと床に落ち、選手は足がすくんでいました。その時、先生はタイムをかけ、「足でも何でもいいからボールを上にあげなさい!」──ひと言それだけを言いました。すると選手たちは、壁にぶつかることも怖がらず、必死にボールに食らいつくようになりました。
端的で効果的なひと言。スランプの時だからこそ、子どもの元気が出る、とっておきのひと言を言ってあげてほしいものです。


プロフィール

安田理

安田理

大手出版社で雑誌の編集長を務めた後、受験情報誌・教育書籍の企画・編集にあたる。教育情報プロジェクトを主宰、幅広く教育に関する調査・分析を行う。2002年、安田教育研究所を設立。講演・執筆・情報発信、セミナーの開催、コンサルティングなど幅広く活躍中。
安田教育研究所(http://www.yasudaken.com/)

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A