くしゃみのあとの一言 第38回 [Oh,my Gooodness!]

親子で英語圏に住み、現地の学校に行きながら英語を学ぶ……。3歳の娘と母親である筆者は、夫のアメリカ転勤のために、そんな理想的な環境に飛び込むことになりました。果たして本当に「子どもは英語にすぐ慣れるから大丈夫」? アメリカに住みながら英語を学ぶメリットとデメリットとは? 筆者のアメリカ生活をとおして、日本に住むご家庭では、どんな取り組みができるのか考えていきます。
※「Oh,my Gooodness!」とは、「あらまあ!」という驚きを表すことば。

アメリカに来て驚いたのは「いただきます」「ごちそうさま」に該当するあいさつがない点だ。なんとなーく食べ始めるのである。
「あいさつもなしに食べるなんて信じられない!!」と私は憤慨し、「やっぱり日本のほうがいいなあ。帰りたいなあ」とまで思ったことさえあった。

ところが、アメリカにはあって日本にはない「あいさつ」もある。くしゃみをすると、誰でもそばにいた人が「Bless you.」と声をかけてくれるので、「Thank you.」と答えるのだ。
これは「God bless you.」の略で、神の祝福があなたにありますように、という意味なんだとか。

くしゃみをしたあとに「Bless you.」と声をかけてもらうと、なんとなく嬉しい。保育園の廊下を娘を歩いているとき、娘がくしゃみをすると、先生たちばかりでなく、すれ違う送り迎えのお父さんお母さんたちも「Bless you.」と声をかけてくれる。
教会の礼拝の最中に私がくしゃみをしたときなど、まわりにいる4、5人からいっせいに「Bless you.」と合唱(?)されたこともあった。
お店で買い物をしているときにくしゃみをしていて、近くにいた通りすがりの人に言われたこともある。
第38回  [Oh,my Gooodness!]くしゃみのあとの一言
そんなふうに、家の外でアメリカ人から「Bless you.」と言われるのには慣れていたのだが、ある日、家で私がくしゃみをしていたら、娘が「Bless you.」と声をかけてくれたのだ。「Thank you! あれっ、ちょっと、『Bless you.』って、どういう意味か知ってるの?」
「くしゃみした人がいたら、言ってあげるんだよ」
「保育園の先生とかお友達に言ってもらったことある?」
「あるよ」
「へえー……そんなことがあったの」

それからは、私たち親子は、くしゃみをすると「Bless you.」と言いあうようになったのだった。このフレーズは短いし、「L」の練習にもなるし、なにより言う側は楽しく、言われたほうは嬉しい。

今思えば、日本では、誰かがくしゃみをしても特に声をかける習慣がない。私自身「風邪なのかしら……アレルギー?」と思いながら黙っているのが普通だった。

でも、アメリカで「Bless you.」に慣れてくると、日本人同士、くしゃみのあとで沈黙しているのが居心地悪くなってきた。
そこで私は夫がくしゃみをしたときは「大丈夫?」と言ってあげることにした。娘にも「日本人に『Bless you.』って言ってもわからないから、『大丈夫?』って言ってあげてね」と教えている。

誰かがくしゃみをしたあとの「Bless you.」「Thank you.」は、とても簡単で楽しく、親子や家族で取り組みやすい英会話だ。「L」の発音練習も兼ねて、ぜひ試してみてほしい。

プロフィール

山本美芽

音楽・ノンフィクションライター。中学校教諭、養護学校教諭からライターに転身。現在は音楽と教育をテーマに執筆活動を行う。著書に「りんごは赤じゃない 正しいプライドの育て方」「子どものセンスは夕焼けが作る」など。2006年3月より米カリフォルニア州在住。1児の母。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A