桜の歌人・西行。桜になにを見ていた?

桜といえば、平安時代末期の歌人・西行を連想する人も多いのではないでしょうか。西行にとって桜とは、どういう意味を秘めていたのか、お伝えします。


西行ってどんな人?

 西行は元永元年(1118年)に生まれ、俗名は佐藤義清(さとうのりきよ)といいました。武門の家柄でしたので、武士として生活し、妻子もあったのですが、23歳のときに、「花の寺」といわれるほど、山が桜の木に覆われた京都西山の勝持寺(しょうじじ)で出家しました。出家した理由はさだかではありませんが、友人が亡くなったとか、失恋したといった理由が推測されています。
 出家したあとは、各地に小さな小屋を作って隠者のように暮らし、諸国を巡る旅にも出ました。そこで多くの和歌を作り、西行は生涯で約2090首の歌を残しました。そして、そのうちの230首で桜を詠んでいます。
「和歌を一首詠むのは、仏像を一体彫るのと同義」と西行が言ったことからもわかるように、歌作りは仏道修行の一環でもあったようです。

 

西行が各地で詠んだ歌

 京都、吉野…各地で西行は歌を作りました。奥州や伊勢へ足を伸ばしたこともあったようです。西行は、出家した京都西山の勝持寺で、次の歌を詠んでいます。
 

“花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける”

 これは「桜の花を見にと人々が大勢やって来ることだけは、独りで静かにいたいと思う自分にとって、惜しむべき桜の罪であるよ」と解釈されています。
 
 西行が毎年のように出かけていた吉野でも、たくさんの歌が生まれました。
 
 

“吉野山 こずゑの花を 見し日より 心は身にも そはずなりにき”

(吉野山に咲く梢の桜の美しさを見た日から、桜にあこがれる自分の心は、身には添わなくなってしまったことだよ。)
 

“花を見し 昔の心 あらためて 吉野の里に 住まんとぞ思ふ”

(桜の花にあこがれて浮かれ歩いた昔の心を思い出し、改めて昔のように吉野の里に住もうと思うよ。)
 

“今よりは 花見ん人に 伝へおかん 世を遁れつつ 山へ住まへと”

(世を逃れ心やすらかに桜をめでることを知った今から後は、桜の花をめでる人に、自分のごとく世を逃れ山に住みなさいよと伝えておこう。)
 
 
 最も有名な西行の歌は、次のものだといってよいでしょう。

“願わくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃”

 西行はこの歌に「どうか、春の、桜の花の咲く下で死にたいものだ。あの釈迦が入滅なさった二月十五日頃に」という願いを込めました。そして、文治六年(1190年)二月一六日にこの世を去りました。
 
 
 西行にとって、桜とは、恋焦がれる対象、高貴なものや天上へのあこがれ、生命への賛歌であったなどと、いろいろな説があります。西行の歌を読んで、その真髄に触れてみてはいかがでしょうか。

 
参考:
井筒清次『おもしろくてためになる桜の雑学事典』(日本実業出版社)
西行の歌の注釈は『山家集』(新潮日本古典集成)による。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A