読書好きなのに問題文だと思考停止の小4男子に、受験の専門家がアドバイス

読書好きなのに問題文だと思考停止の小4男子に、受験の専門家がアドバイス読書はよくするのに、「問題文となると考えるのをやめてしまう」。国語の質問の意図が理解できない弱気なタイプの小4男子の保護者の悩みに対し、ベネッセ教育情報サイトが、平山入試研究所の小泉浩明氏からアドバイスをもらった。

 

***

 

【保護者からの質問】
国語の文章を読んで解答する場合などで、質問の意図が理解できないことが多いです。普段、読書などはよくしていると思うのですが、いざ問題文となると考えるのをやめてしまうことがよくあります。(小4男子の母親)

 

【小泉氏からのアドバイス】
文章を読んで理解するには、「問われているのはこのことかな?」と考えながら、「内容を推測する」ことが必要です。性格的に弱気なタイプの子どもは、推測していることと文章の展開が少しでも合わなくなってくると、とたんに自信がなくなり、考えることをやめてしまいがちです。
性格的なこともありなかなか解決しないかもしれませんが、とにかく「自分は解ける」という自信を持たせることで徐々に改善していくと思います。具体的には、何回も問題を読み、解くことにより、「自分でも読める」「解ける」という自信を持たせること。そして、この時に大切なのは「論理的に考える」ことです。たとえば、国語問題では、問いや問題文を根拠に、正解までの考え方の道筋をはっきりたどるのです。そうすれば、模範解答の考え方と自分の考え方を比べて、なぜ自分の考え方が誤りであったかを理解できるようになります。やがて自分の解法とそれらが一致してくると、正当率がグンと伸びてきます。
学力を伸ばす秘訣(ひけつ)は、このように自分の答案と模範解答を比べて学ぶこと。間違えても「自分の欠点が一つわかった。直せば実力が一つ上がるぞ!」と失敗を前向きにとらえるように考えさせることです。弱点を補強するための最大の好機ととらえて適切に努力できれば、子どもの成績は確実に上昇気流に乗っていくと思います。

 

出典:読書は好きですが、いざ問題文となると考えるのをやめてしまいます[中学受験] -ベネッセ教育情報サイト

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A