音楽家ってどんな職業?どうすればなれる?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「音楽家」を取りあげます。


音楽家とは?

 音楽にはポップス、ジャズ、クラシック、邦楽など、さまざまなジャンルがありますが、ここではクラシックを取りあげます。

 

クラシックの音楽家は、大きく声楽家、演奏家、指揮者に分けられます。楽器ではなく、自らの声でオペラやクラシックなどの楽曲を歌い上げるのが声楽家です。

 

演奏家は、バイオリンやピアノなどの楽器を演奏するのが仕事で、オーケストラの楽員、ソリスト(独奏者)などとして活躍しています。声楽家や演奏家を指揮して、音楽を一つにまとめ上げるのが指揮者です。

 

 

音楽家になるために必要な資格

 音楽家になるために必要な資格や学歴は特にありません。しかし、音楽の基礎的な知識を学ぶには、大学や短大で音楽系の学部に進むのがいいでしょう。また、それと同時に有名な音楽家に弟子入りし、テクニックを学ぶ人もいます。技術を修得するために海外に留学するという方法もあります。音楽家として成功するためには、広く社会にその実力を認められなくてはなりません。一般的な方法としては、国内外のコンクールに応募して優秀な成績を収めるという手があります。

 

 

音楽家の将来性は?どんな性格の人が合っている?

 日本では、クラシック音楽家が活躍できる場が限られているため、大成を望むのなら海外で活躍する、映像メディアを駆使する、といった工夫が必要になるでしょう。

 

音楽家になるためには、音楽に対するあくなき情熱と、他人の真似できない独特の才能が必要です。能力を伸ばすため、幼いころから音楽のレッスンを続けている人も多く、成功するまでにはひたむきな努力が必要とされる職業です。

 

また、語学力が求められることが多いでしょう。オーケストラなどで、いろいろな国の人と一緒に演奏することもあるので、コミュニケーションが必要です。それから、オペラなどでは作品の作られた国の言語で歌う場合がほとんどです。

 

曲を美しく個性的に演奏したり、歌い上げたりするためには、歌詞の意味や歴史的背景を深く理解することも大切でしょう。

 

 

参考:

音楽家| 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/104/index.html

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A