入学時・入学後にかかる費用【高校受験の基礎知識】

公立を第1志望にした場合、公立高校の入学金は全国的に5,500円程度で、学費は年間約13万円から15万円です。この場合、私学を併願して滑り止めにするケースも多く(ほとんどの都道府県では私学入試のほうが公立の推薦入試や前期試験よりも先にあります)、その場合は入学手続きも済ませておかなければなりませんから、入学金に加えて半期分の授業料や施設・設備費などを一旦払い込むことになります。もっとも最近では、入学を辞退した場合、入学金やその一部以外については戻してくれる学校が多いようです。ちなみに入学金は15万円から25万円ぐらいです。制服については、全くの私服の学校、制服のある学校、標準服のある学校ということで費用は変わってきます。制服は冬用・夏用をそれぞれ1組ずつ用意したとして約5万円くらいかかります(冬用・夏用の区別のない学校もあります)。

反対に私学第1志望の場合は、上記を初年度納付金として一括して納めますから、約30万円から40万円ぐらいは必要でしょう。これに教材費、制服がある学校ではその費用(デザイナーズブランドを採用している学校では高価です)、また修学旅行の積み立て費用なども必要です。また学校によっては夏期講習などを有料で行っているところもありますから、目指す大学によってはその費用も1年生の段階から必要になるかもしれません。公立の場合も有料の土曜講座、夏期講座などがあるところもありますが、費用は私学ほどかかりません。また中学校時代から引き続き同じ塾に通ったり、高校へ入ってから新たに塾に通ったりする場合にはさらに費用が必要です。

奨学金については、私学では学校独自のものがありますし、公立では所得に応じた授業料減免措置というのもあります。また進学先が公私立に関わらず直接補助が受けられる都道府県もあります。

プロフィール

くらむぽん出版

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A