小学1年生の漢字学習 家庭でのサポート法【赤ペン先生】

夏休みが終わり、いよいよ新学期のスタートです。小学校1年生の国語では、漢字の学習が本格的に始まります。「漢字を覚えるのは楽しい!」と興味を持って楽しみながら漢字を身に付けてもらうために、ご家庭ではどんなサポートをしたらよいのでしょうか。

(赤ペン先生 河原)

漢字の学び方はだいぶ変わってきたようです

小学生のころにニガテな宿題がありましたか? そんな質問をされたら、皆さまにはどんな光景が浮かぶでしょうか。私の場合は「漢字練習」の宿題にため息を付いている自分の姿です。

1字につき、漢字ノートの白マスを上から下まで1行×その日習った字数分、ひたすらひたすらマスを埋めていく宿題の果てしなさ……。子どものころから面倒くさがりだった私には、永遠に続く《苦行》に思えました。

ですから我が子が小学生になって、配布された「漢字練習ノート」なるものを見た時に私は衝撃を受けたのです。字だけを練習するマスは数えるほど、例文中に穴埋めで書いたり、自分で短文をつくったりするほうにスペースが多く割かれています。

漢字を「正しくきれいに書けるようになる」ことよりも、「どう使うか」「何を伝えるか」を考えさせることに重きが置かれるようになったのを感じました。この覚え方なら、習った漢字を自分のものとして使えるようになるのも早いかもしれない。かつての苦行経験者はうらやましく思ったのでした。

漢字学習を楽しいと感じてもらうおすすめのサポート

ひらがな、カタカナをマスターした1年生は、次はどんな新しいことを学べるのだろうとワクワクしながら待っているはずです。せっかくの期待を、こんなサポートでさらに盛り上げてみてはいかがでしょうか。

1.部分をほめる。

字としての「正確さ」「きれいさ」を指導する役割は学校の先生にお任せしてよいと思います。ご家庭では、お子さまが懸命に書いた字をとにかくほめてあげましょう。
字全体を見てしまうと、力み過ぎていたり、バランスがとれていなかったりとどうしても「お手本と違う」ところが気になってしまいます。

でも一画単位で見てみると「なかなかいいね~!」とほめたくなるポイントが意外と見つかるのです。「たての一画」「右のハネ」など具体的にその箇所を指して「ここ、最高だね、力強くてとってもいい!!」などと称賛してあげましょう。

2.成り立ちを調べてみる。

習ったことをそのまま覚えるより、ちょっとした興味を持つことでぐんと世界を広げることができます。そんな楽しみをお子さまに紹介できるよい機会だと思います。辞書やインターネットのサイトで、習った漢字の「成り立ち」などを一緒に調べ、知らなかった世界を知る喜びをお子さまと分かち合ってみましょう。

1年生が学習する漢字は80字。2年生になるとその数は倍になります。少し余裕がある今年のうちに、お子さまの知的好奇心をくすぐってみるのも悪くないと思います。

3.手紙のやり取りをしてみる。

習った漢字を入れる、というルールだけ決めてお子さまと手紙の交換をしてみましょう。日常の何げない和やかなやり取りの中で使ってみることで、お子さまは習った漢字をより身近に感じることができます。「どう使い」「何を伝えるか」の実践、生きた学習です。

「けさのふじ山を見ましたか? とてもきれいだったよ。ママより」
お子さまからどんな返事が返ってくるかな。そう思ったらワクワクしませんか?
手紙の中に書かれた字は直さない。そんなおおらかさでやり取りを楽しみましょう。

まとめ & 実践 TIPS

小学校1年生で習うのは、この先一生の間、繰り返し使っていく漢字です。習ってすぐにきれいに書けなかったり覚えられなかったりしても、ご心配には及びません。お子さまが教わった漢字を使って、どんな面白いことをしようか。そんな遊び心を持って漢字学習をサポートしてあげれば、お子さまは漢字を学ぶことが大好きになるでしょう。お子さまのワクワク感に乗っかって、小学校1年生のドキドキをもう一度体験してみてはいかがでしょうか。

赤ペン先生 河原はるこ

河原はるこ

「赤ペン先生」歴8年。4年生担当。
高校生の時、「赤ペン先生」の心のこもった美しい字のおたよりに励まされた思い出があり「赤ペン先生」に。子どもたちへは、「まちがえるのは恥ずかしいことではない!」「どんどんまちがえましょう!」という思いを持ちながら、一生懸命に書かれた解答を尊重し、大切なポイントが一目でわかる指導を心がけている。
趣味:読書とフルーツ酢作り
自己紹介:のんびり屋、でも好きなことには熱い一面も。
中高生3児の母。

プロフィール

赤ペン先生

赤ペン先生は「進研ゼミ」の選考に合格し、ゼミ独自の研修・教育を通じて、教科の学習内容やお子さまの力を伸ばす指導法などを学んだ人です。 お子さま一人ひとりの解答状況や学習の到達度に合わせて、丁寧に添削・指導いたします。 ※「赤ペン先生」は(株)ベネッセコーポレーションの登録商標です。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A