児童学ってどんな学問?

世の中にはたくさんの学問があります。どんな内容で、何を学んでいくのか知っておくことは、自分の興味や関心の方向性を探れることはもちろん、進路を決めるために、大いに役立つでしょう。今回は「児童学」を取りあげます。


児童学とは?

 児童学では、児童(子ども)の心と体の発達や健康について科学的に研究します。子どもの生活環境なども含めた、児童を取り巻くあらゆることが研究対象となります。社会全体の傾向として少子化が進んでおり、家庭での過ごし方や、家族間の交流・コミュニケーション手段など、家族のあり方も以前とは様変わりしてきています。そういった変化をいち早くとらえ、分析や研究を進めるのも、児童学の大切な役割です。

 

 

児童学ではどんなことを勉強する?

 児童学は、以下のような専門分野に分けられます。教育学や心理学などとも密接にかかわっているため、それらの知識も欠かせません。

 

児童の心身の発達…精神的・身体的に安定した子どもに育てる方法の研究
児童の心身の健康…児童がかかりやすい病気の予防などの研究
児童の福祉…保育園などの環境整備や行政のあり方などについての研究
児童の保育・教育…児童にとって適切な生活スタイルや教育のあり方についての研究
児童と文化のかかわり…児童の遊びや関心事についての研究

 

 

児童学の講義はどのように設定されているか

 児童学は扱う範囲が広く、研究分野は多岐にわたりますが、代表的な履修科目は以下のとおりです。

 

心身の発達について…児童心理学、発達心理学
心身の健康について…児童保健学
福祉について…児童福祉学
保育や教育について…児童教育学、幼児教育学、保育学
文化とのかかわりについて…児童文化学や児童環境論  など

 

大学によってさまざまな講義が行われており、小学校教諭や保育士など、取得できる免許も学部や学科によって異なります。自分の希望する免許が取得できるかどうか、やりたい研究ができるかどうかを慎重に検討しましょう。また、実習や演習も多く行われますので、付属幼稚園・小学校などの関連施設についてもチェックしておきましょう。

 

 

児童学を学んだ人々の卒業後の進路

 在学中に幼稚園教諭免許や保育士資格、小学校教諭免許などの資格を取得し、卒業後は教育関連施設に勤務する人が多く見られます。また、児童を対象とした出版、製造、サービス業などの仕事に就く人もいます。

 

 

参考:
児童学│ 学問・大学情報 | Benesse マナビジョン
http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/learning/system/028/index.html

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A