勉強を習慣化するコツを知れば「勉強いつするの?」と言わずに済む!?習慣化のプロに聞きました

「宿題は終わったの?」「ドリルはどこまでやった?」—こういった声かけは、多くのご家庭でお子さんにされていると思います。
「毎日同じことを言ってばかり。宿題や勉強もうまく習慣化できたらいいのに」そう思われたことはありませんか?
習慣化コンサルタントの古川武士さんに「勉強を習慣化するコツ」について、お話を伺いました。

この記事のポイント

習慣化の王道であり、一番大事なこと
それは《始める》

 子どもの性格・タイプによって、どういった習慣化が向いているかは違います。勉強でいえば、分散してコツコツやるタイプなのか、一気に集中して仕上げるタイプなのか。その性格・タイプの違いを理解したほうがいいという前提のうえで、「習慣化のコツ」についてお話ししていきます。

 習慣化のコツにはいろいろありますが、その中での一番、王道というのは、「ベイビーステップ」から始めるということです。「ベイビーステップ」とは、どんなに小さくてもいいので「最初の一歩」を踏み出すこと。始めることが、何よりも大事です。
 大人でも同じですが、たとえばジョギングを始めようと思った時に、「今日は雨が降りそうだな」「ちょっと体調が悪いかも」……何かと理由をつけて、最初の一歩が踏み出せないということはありませんか。
 人は「いつも通りではないことを排除する」ということを無意識にしています。そのため、習慣化するには、いつも通りではないという抵抗感に勝ち、やらなくてはいけないこと(やりたいこと)を行動の中にプログラミングしていく必要があります。やり始める→やっていくうちに段々と馴染んでいく→やることが普通になる→やらないと落ち着かない……この流れが習慣化です。
 子どもの性格・タイプはあると思いますが、どんな子どもでも、習慣化するにはこの小さな一歩、ベイビーステップから始めるということは変わらないと思います。

習慣化のポイント① ベイビーステップを踏み出す

あれもこれもだから、面倒になる
「完了・完成」にとらわれない

 夏休みの宿題を思い浮かべてください。
 子どもが宿題をなかなか進められないというご家庭でも、子どもは何もやらないわけではなくて、やりたいもの、やりたくないものがあるはずです。しかし量がたくさんあるので、結局面倒くさくなって、終わっていない……という状態ではないでしょうか。あれもこれもたくさんあると、大人だって面倒になりますよね。そういった時には、「算数のドリルならできる」、「好きな教科のこの単元だったらできる」とか。宿題全部ではなくて、崩せるところを見つけていくことが大事です。

 親のよくないところは恐らく、「完了・完成」までを意識しすぎてしまうところ。
 つまり、最初から「終わりまでやる」ということを考えてしまうので、話が大きくなり、子どもも「そんなにはできない、やりたくない」と思ってしまうのです。
 今の子どもはゲームや動画など、誘惑もたくさんあるでしょう。そのなかで、なかなか勉強に向かいづらいという時こそ、完了・完成ではなく、「最初の一歩」を大事にしましょう。

 「学校から帰ってきたら、ランドセルを置く。そして宿題のページを開く」。ベイビーステップとしては、これでも十分です。宿題をやるのではなく、とりあえず宿題のページを開く。「それだけでいいの?」と思われるかもしれませんが、そこまでやってしまうと、後から意外と手がつけやすくなります。踏み出さなければ0ですが、踏み出すことによって次の着手が格段にしやすくなるのです。

習慣化のポイント②完成よりも最初の取りかかりを優先する

プロセスもしっかりほめること
ポジティブなフィードバックが大切

 習慣化の最初の1週間は、「ランドセルから宿題を出して、とりあえず宿題のページを開いておく」。その習慣がついたら、5分だけやってみる、というのを次はやってみるといいと思います。そして5分できたら、できたことを親に伝えてもらうのがよいでしょう。子どもは親に認められたいと思うものであり、《親からほめられること》は、自己肯定感を育てるという意味でも、とても大切です。またおうちのかたは、ほめる時は結果だけでなく、そのプロセスもほめてあげてほしいと思います。結果がうまくいかなかったとしても、そのプロセスをほめてもらえることで、「僕(私)はできるかも」という気持ちがわき、次のやる気になるのです。

 1ヵ月、30日間毎日取り組めば、「家に帰る→ランドセルを置く→宿題のページを開く→5分やる→おうちのかたに見せる→ほめてもらう」という行動パターンまでは習慣化ができると思います。
 習慣化は、最初のこの行動を習慣づけることが最も難しいので、おうちのかたは、子どもの行動に対して、ポジティブな承認、フィードバックをしてあげてください。具体的には前向きな言葉で、否定的なことは言わずにほめることです。そうすることで、子どもの「承認欲求」は満たされ、自信がやる気になり、習慣化を継続しやすくなります。

習慣化のポイント③ 行動できたら、すぐにほめる

やったことを《見える化》して
次のモチベ—ションにつなげる

 習慣化するうえでは、《記録を取る》というやり方も効果的です。
 夏休みにラジオ体操に行って、カードにハンコがたまっていくとうれしくなって、明日も行こう! という行動につながったことはありませんか? 《見える化》をするというのは、習慣化するうえで、重要な要素の一つです。
 試しに30日間、「今日の宿題は〇〇。5分間できたか」ということを書いて、できたらハンコを押すというのをやってみてはどうでしょうか。大事なことは、クセをつけることです。クセがつくと、頭と体が《パターン》として覚えていきます。
 勉強時間を5分から15分に増やすことは、「やらない」から「やる」に行動を変えるよりも、きっと難しくないと思います。お子さんと一緒に、まずは5分でも習慣化していくことが大事だと思います。

習慣化のポイント④ 見える化することで、パターンを作る

まとめ & 実践 TIPS

「宿題終わったの?」「全部やった?」……こういった、終わりのことばかりを意識した言葉では、毎日言っていたとしても、子どもの習慣化にはあまり役立たず、モチベーションも上がらないことがわかりました。ベイビーステップを大切に、少しずつ習慣を積み上げていきましょう。

プロフィール

古川武士

古川武士(ふるかわ たけし)

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役
「続ける習慣」をテーマに、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人、企業への行動定着支援を行っている。著書は22冊、95万部超え。海外でも大好評。
近著に『書く瞑想』を出版。発売から一週間経たないうちに、即重版が決定。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A