フランスってどんな国?フランスの魅力はどんなところ?

外国語を学びたいけれど、いろいろな言語があって、どの言語を勉強しようか迷う…という人も多いでしょう。そこで今回は、「フランス語」の発祥の地であるフランスという国の魅力について、アンスティチュ・フランセ日本のジュリエット・サラベールさんにお話をうかがいました。


「美」「食」「愛」を大切にするロマンチックな国

 フランスの魅力として1つ目に挙げられるのは、美しいものが好きなところ。芸術、伝統、歴史などを大切にしています。ファッション関連のビジネスなどが盛んなのも同様の理由ですね。
そして、これは日本も同じだと思います。美的感覚や、美しいものを大切にする感覚は、日本とフランスのよく似ている部分ではないでしょうか。

 

2つ目は、「食」へのこだわりが強いところ。ここも日本と同じでしょう。必ずしもリッチに贅沢をするというわけではなく、手軽だけれどもできるだけおいしいものを食べて、おいしいワインを飲んで…というように、いかに毎日の食事を楽しむかを大事にしています。もちろん食事に限らず、日々の生活全般を楽しもうという気持ちが強いのです。

 

そして3つ目は、愛や恋を大切にしているところ。これは恋愛だけにとどまらず、接する相手や周りの人たち全般に対する愛情ともいえます。

 

フランスは常に自由で、「個性」を大事にする国。1人1人が、他人に左右されない自分らしい生き方や、個性的であることを何よりも重視しています。そのため、どんなときでも自分の意見をはっきりと主張できる国民性を備えていると思います。さらに、美を愛することから、意見を言うときにはエレガンスであればなお良いとされていますし、自分が意見を述べる分、ちゃんと人の意見を尊重するところも大きな魅力でしょう。自分と他人への愛情が、フランスのエネルギーになっているのです。

 

フランスはロマンチックな国というイメージがある人も多いと思いますが、こういったところからそのように言われるのでしょう。

 

 

フランスの魅力は、日本の街中にも広く浸透している

 レストランや洋服店、美術館、映画館など、日本では至るところでフランス語を見かけます。フランス語圏以外で、こんなにフランス語が街中にある国は他にないかもしれません。フランスの魅力を理解し、愛してくれているのが伝わってきます。

 

特に、食べ物関係の用語は多く使われていて、馴染み深いかなと思います。例えばポトフ、マカロン、フォンデュ、オムレツなど。他にはクラシックバレエの用語であったり、ファッション業界の用語も多いです。フランス語を学び始めた際には、日本で使われているフランス語を探してみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A