自宅でできる「自学力」の高め方(教育編)

 中学1年生にもなると思春期真っただ中です。だからこそ、保護者のかたのちょっとした関わり方が、お子さまのやる気に直結します。どうすれば上手にお子さまの自学力を高める接し方ができるのか、教育のプロにノウハウを聞きました。


自宅でできる「自学力」の高め方(教育編)


 

やる気を引き出す3つのポイント

 

 小言は抑え、部分に注目して、「字がきれいに書けているね」など、できた部分をほめてあげましょう。いくつかほめた後で大変さに共感してあげれば、やる気になってくれます。これを毎日やれば、自ら勉強するようになります。

 また、短い時間でも勉強にトライしたことに気づき、言葉をかけてあげてください。たとえ結果が悪かったとしても、トライしたこと自体を肯定的にとらえてあげれば、お子さまも勉強を肯定的にとらえられ、次の問題にとりかかろうとする気持ちが芽生えるのです。

 さらに「○○するといいよ」などの肯定的な言葉、「○○が上手だね」などのほめる言葉を使うようにしましょう。前向きな言葉をかけられれば自信や達成感を持ち、勉強は楽しいと感じます。自信は自己肯定感につながり、"できそう"と自分でハードルを下げられるようになるのです。

 

 

今すぐ使えるやる気UPのノウハウ

1.取りかかりのハードルを下げる

 最初の一歩を踏み出すだけでいいのです。その一歩を踏み出せば、意外とスムーズに宿題や勉強が進むことがあります。

 

【最初の一歩を踏み出す工夫の例】

●宿題をカバンから取り出す

●とりあえず1問だけやる

 


2.伝え方を工夫する

 勉強への声かけを行うときは、お子さまが行動しやすくなる言葉を意識的に選べるかどうかです。それだけでお子さまのやる気は変わります。

 

【お子さまが行動しやすくなる伝え方の例】

●選択肢を用意して伝える

●具体的に伝える...「いつ」「何を」まで伝える

 


3.時間は「見える化」させる

 帰宅してから次の日学校に行くまで、きちんと計画的に過ごすことが、家での勉強をラクにするコツです。そのため時間管理の道具を活用し、時間を「見える化」することが重要なポイントです。

【時間を「見える化」するための道具の例】

●予定をホワイトボードに書く

●模擬時計を準備する

 


お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A