【これからの時代に必要な力】変化の激しい時代を生き抜く方法

 これからの時代は、変化が激しく、多様で複雑な価値観を認め合うことが必要です。新しい時代に必要な力を育てるために、家庭ではどんなサポートができるでしょうか。ベネッセ教育総合研究所 初等中等教育研究室の木村治生室長が、解説します。

 

 

キーワードは「自ら学び続ける力」

 「いい学校に入ること」は、もはやゴールとはいえません。これからの時代、人は大人になってからも一生、学ぶことが求められるからです。今の子どもたちに求められているのは、「自ら学び続ける力」です。そのような力を身につけて、自分から情報を集め、自分で考え、仲間とともに問題に取り組み、世の中に新しい価値を生み出していく。そういった人材が求められる時代です。

そのため、テストに出るところを覚えていい点を取る、その積み重ねで偏差値の高い学校へ進学する、といった従来の成功モデルが成り立ちにくくなっています。子どもに対する、周囲の大人のアプローチも変わらなくてはなりません。「先生や親に言われたことを、言われたとおりにやる」というだけでは、自ら学び続ける力は、身につきません。

 

 

成功のトライアングル

 お子さんが自ら学び続ける力を身につけるためには、自信を持って積極的に、いろいろなことに取り組む経験が必要です。【積極性→成果→自信(→積極性…)】といったサイクルを回し続けることが、成功に結びつくといえるでしょう。お子さんをこのサイクルに乗せるためには、保護者の関わり方が大きな鍵を握ります。

ポイントは2つあります。1つは、「ほめ方」。子どもが何かをした「結果」ではなく、「プロセス」をほめることです。たとえ失敗しても、努力に目を向けて、ほめてあげてください。逆に、親が結果ばかりをほめていると、結果だけを気にする子どもになってしまいます。

もう1つは、「自己決定」のサポートです。子どもが自分で決める機会を設けてあげてください。逆に、親が「こうしなさい」と指示を与え続けていると、指示を待つ子どもになってしまいます。

プロセスをほめ、自己決定をサポートする。生活・遊び・学びなどあらゆる場面で、この姿勢を持つことが大事です。

 

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A