おもらし、指しゃぶり、爪かみ~心の不安?

病気というほどではないけれど、おもらし、指しゃぶり、爪かみを気にする親も多いでしょう。どのケースも「いつまでも続くことはない」と思って、ゆったり見守ることが大切。小児科医の山根知英子先生にそれぞれの対処法を伺いました。



おもらしは排尿機能の未成熟が主な原因

おもらし、おねしょは排尿機能が未成熟なために起こるケースがほとんど。排尿機能の成熟には個人差があるので、親はあせらず成熟するのをゆっくり待つ姿勢が大切です。おもらしを叱るのは、精神的ストレスが影響して排尿のメカニズムが乱されることもあるので逆効果です。
おもらしが治療の対象になるのは5歳以上で、少なくとも3か月間に週2回以上の頻度でおもらしをして、生活面でなんらかの障害がある場合とされています。ホルモンの異常や糖尿病など病気が原因の場合もあるので、治療の前には尿検査など必要な検査を行います。



夜間起こして排尿させるのは逆効果
おねしょをしないようにと、夜間に眠っている子をわざわざ起こして排尿させるのは逆効果。睡眠のリズムが乱れると排尿機能の発達を妨げる可能性があるからです。
また、親は起こしたと思っても、子どもは半分寝たままの状態で排尿していることが多く、あまり意味がありません。
それよりも、おねしょ対策として以下のことを実践しましょう。
 ・就寝前の水分補給を控える。
 ・就寝前の排尿を習慣づける。
 ・昼間の排尿前に1回くらい少し我慢させて、膀胱の容量を増加させる訓練をする。


きょうだいが生まれて、おもらしが始まることも……
排尿機能が成熟したにもかかわらず、一時的に排尿コントロールがきかなくなり、おもらしが始まるケースもあります。こうしたケースは5歳~8歳の間に始まることが多く、なんらかの精神的ストレスが原因になっていることがあります。よくあるのは、下の子が生まれて親の関心が下の子ばかりに向けられているなど。こうした今までなかったおもらしが始まったら、子どもの不安な気持ちを親は受け止めてあげましょう。また、おもらしがずっと続くようであれば、小児科医や専門医(小児の心身症外来、心療外来、心理外来、発達外来など)に相談してみるのもよいでしょう。


指しゃぶりはそれほど心配いらない

乳幼児の指しゃぶりは、眠るときや寂しいとき、退屈なときによく見られます。安心感を得るための行為なので悪いことではありません。4歳頃までにはなくなるケースがほとんどなので、自然にしなくなるのを待ちましょう。ただし、咬合(こうごう)不全(歯並びやかみ合わせの状態がよくない状態)や細菌感染の心配もあるので、3歳を過ぎても指しゃぶりが激しい場合は、ほかのことに関心を向けさせてみて。強く叱るのはストレスを与えるので逆効果です。



爪かみは感情の爆発を防ぐ安全弁

爪かみは不安、緊張、ストレスの現れで、4歳頃から始まり10歳頃にいちばん多く見られます。爪をかむことによって自分の気持ちが、それ以上にならないように抑えている場合もあるので、無理にやめさせれば爪かみ以外の行動を取るようになることも。
軽く爪をかむ程度なら、気付いたときにさり気なく(叱るのではなく)注意すればよいでしょう。ただし、爪がボロボロになるような激しい爪かみの場合は、心理的治療が必要になります。専門医(心身症外来、心療外来、心理外来、発達外来など)に相談してみましょう。


プロフィール

山根知英子

JR東京総合病院小児科部長、きよせの森総合病院小児科勤務を経て、現在は東京都江東区にある心療内科の病院・くじらホスピタル勤務。JR東京総合病院非常勤医師。専門は児童の心身症、思春期の問題。共著『ママが安心する子育て医学事典』(講談社)。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A