食事中に落ち着かない子ども……言うことを聞かない原因は親の行動にあるかも

食事中、お子さんが席を立ったり遊び出してしまったり、落ち着かない行動をとることはありませんか?「お腹は空いているはずなのに」「好きなメニューなのに」と、悩んでいるかたもいるでしょう。もしかすると、子どもが食事に集中できない理由は、大人の何気ない行動にあるのかもしれません。

この記事のポイント

いくら注意しても席を立ってしまう子にイライラ……

「ちゃんと食べなさい!」と食事中に注意をしたことのある保護者のかたもきっと多いでしょう。たとえば、お子さんのこんな行動に困っていませんか?

  • 椅子の上に立ってふざける
  • 食事の途中なのにおもちゃで遊びだす
  • 一口食べては出歩き、また戻っての繰り返し
  • 食べないのに後から「お腹空いた」と泣く

何度注意しても出歩いたり立ち上がったりする姿を見て、イライラすることもあるでしょう。「何で子どもって座っていられないの!?」と思ったこともあるかもしれません。でも、ちょっと思い出してみてください。あなたは本当に、食事中ずっと座っていますか?

大人も席を立っている?子どもが落ち着かない理由

もしかしてあなたのお子さんは、大人の行動を真似しているだけかもしれません。「席なんか立っていない」という保護者のかた、こんな行動はしていないでしょうか。

・調味料やお皿を取りに席を立っていませんか?
食事が始まってから、何か用事があって席を立つこともあるかもしれません。「お皿が足りない」「しょう油を忘れちゃった」と、キッチンへ。そう、大人も食事中に席を離れているのです。

仕方のないことですが、子どもから見れば「席を立っている」という行動に変わりはありません。それを見ていれば、席を立つことは別に悪いこととは思いませんよね。これが、何度注意しても言うことを聞かない原因かもしれません。

調味料やお皿は食べる前にしっかり揃えておきましょう。これだけで改善されることもあります。

・スマホやテレビを見ていませんか?
食事中、テレビは付いていないでしょうか?また、新聞や雑誌、スマホを見ながら食事をしている保護者のかたはいないでしょうか?これが原因になっている可能性もあります。

テレビを見ながら、スマホを見ながら……。大人は「ながら」でも食事をすることができます。でも子どもはそこまで器用ではなく、テレビを見ればそちらに集中してしまうことも。その結果、食事が進まなくなってしまうのです。

仕事や家事で忙しく、食事の時間すら無駄にできないというかたもいるでしょう。でもお子さんの前だけはちょっと我慢して、食事に集中してみてください。その方が食事もスムーズになり、結果的に自分の時間ができるかもしれません。

・挨拶を忘れていませんか?
「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶はしていますか?大人になると挨拶を忘れてしまいがち。でもこの挨拶は食事の時間を区切るという意味でも大切なものなのです。

「ごちそうさま」と挨拶をすれば、そこで食事は終わりという合図になります。そうすれば席を立つことができ、遊ぶこともできますよね。大人がこの区切りをしっかりつければ、子どもも「挨拶をしたら食事は終わり」と理解していくでしょう。

挨拶は食事の時間にメリハリをつける大切なもの。大人が見本になってあげたいですね。

食事に集中するには「楽しく食べる」ことも大切

マナーや時間を守ることも大切ですが、一番重要なのは「楽しく食べる」ことです。食卓が楽しいものなら、ずっとそこに座っていたくなるものです。

料理のこと、今日一日のこと、いろんなことをお話しながら食事を楽しみましょう。「食べる時間は楽しい」「ずっとここにいたい」そんな風に思える雰囲気作りも大切です。

まとめ & 実践 TIPS

悪気のない行動でも、子どもにマイナスの影響を与えている可能性があります。ちょっと意識して普段の行動を変えるだけで、お子さんの行動も変化するかもしれません。


「子は親の鏡」という言葉もあります。お子さんを注意する前に、自分の行動を振り返ってみましょう。案外簡単に、保護者のかたの悩みが解決するかもしれません。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A