親の都合で保育園・幼稚園を休ませてもいいの?休む時に気をつけたい2つのこと

「旅行に行きたい」「用事があって送り迎えに行く人がいない」など、保護者のかたの都合で子どもを休ませたいこと、ありますよね。でも、「休んでいいのかな」と悩むことも多いはず。さて、保育園・幼稚園を休ませることはOKなのでしょうか?

この記事のポイント

保育園・幼稚園は親の都合で休んでOK!

まず大前提として、保育園も幼稚園も義務教育ではありません。通うか通わないかは、家庭の自由。つまり、休ませることはまったく問題ないです。

休ませる理由だって、NGなものはありません。「空いている平日にレジャーに行きたい」「自分が体調不良で送迎ができない」「雪で送迎が心配」「仕事が休みだから」など、どの理由も問題なし。サービス業の家庭で、「土日は休みが取れないので、毎週水曜日には休ませます」といったところもあります。

特に3歳未満の子どもは、親子の時間をたくさん作ってもらう方がよいと考える保育士も多いです。「こんな理由で休んじゃダメかな」と思う必要はありません。言いにくいなら「私用で」と伝えればOKです。

長期間休む場合は早めに相談を

「連休に合わせて遠方の実家に帰る」「下の子が産まれて送迎する人がいない」など、長期間休ませたいこともあるでしょう。もちろんこれも大丈夫。ただし、なるべく早めに相談をしてください。

おたよりを出すタイミング、提出物の期限、行事の準備など、保育園・幼稚園にもさまざまな事情があります。たとえば、春休みが近づいた頃に突然「明日から早めに春休みに入ります」と言われたら、困るのは当然ですよね。でも事前に連絡をしておけば、おたよりを早めに用意してくれたり、子どもの荷物を徐々に持ち帰らせてくれたりします。

また、長期間休む場合は休園措置を取ってくれることもあります。期間が長ければ、給食費や保育料を免除してくれるといった場合も。わかった段階で相談しておくのがおすすめです。

行事前は要注意!年長クラスは就学への影響も考えて

保護者のかたの都合で休ませるのは自由ですが、一つだけ気を付けてほしい時期があります。それは、行事前。発表会や運動会の前は、本番に向けて練習を進めています。この時期に休まれると、先生はちょっと困るかもしれません。まだ練習が始まったばかりなら大丈夫ですが、本番が近づいてきた頃は要注意。どうしても休ませたい場合は「来週お休みさせたいのですが大丈夫ですか?」と一言相談しておくとよいでしょう。

また、学校に行けば基本的には自由に休めなくなります。保育園・幼稚園であまり休むことが多いと、子どもはちょっと苦労するかもしれません。特に年長児は注意が必要。保護者のかたの都合で休ませる場合は「こういう用事があるから」と理由を説明し、「休みたいから休む」わけではないことを理解してもらいましょう。

ただし、何か事情があって登園をしぶったり体調不良を訴えたりする場合はまた別問題。休ませるということも必要になってくるので、今回の「親の都合で休ませる」こととは切り離して考えましょう。

まとめ & 実践 TIPS

学校に行くようになると、自由に休むことは難しくなります。そう考えると、平日に休みを取って出かけるというのは、保育園・幼稚園のうちがチャンスかもしれませんね。あまり頻繁に休ませることは望ましくありませんが、時々であればOK。注意点だけ忘れずに、親子の時間を楽しく過ごしてください。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A