中学準備のススメ 志望高校に合格するために小6の今やっておくべきこととは?

小学校6年生のお子さまのいる保護者の方は、長かった小学校生活も終わりに近づき、少しほっとする気持ちと、4月からの新しい中学生活に期待しつつ、不安に思うこともあるのではないでしょうか。中学生活をスムーズにスタートできるように、準備を進めておきたいものです。中学での学習のポイントは高校入試を視野に入れて取り組むこと。そこで今回は、中学入学前におさえておきたい高校入試の基礎知識をお伝えします。今のうちから確認して、中学での好スタートに備えましょう。


中学入学直後からもう高校入試は始まっている!

 「まだ小学生なのに、もう高校入試のこと?」と思われる保護者の方もいるかもしれませんが、実は、中学1年生の成績も高校入試に影響があるのです。

 

平成27年度入試では、47都道府県中、40道府県で、中1の成績が内申書に記載され、高校入試に影響しています。さらに29道府県では、中学1年生の成績が内申点にもなっているのです。

 

内申書に記載される成績には、中間や期末などのテストの結果だけでなく、日頃の学習態度や提出物の状況なども影響します。だからこそ中学入学時から内申書にも反映される日頃の成績は意識しておきたいところですね。

 

 

中学入学前から準備することで中学での学習をリードできる

 中学校では、授業のやり方などが小学校とは異なり、教科によってそれぞれの担当の先生がいます。内容もより専門的になるので、最初は違いに戸惑うこともあるかもしれませんね。でも、大事なのは、そんな中でも日々の授業にちゃんとついていくことです。順調についていくためには、まず最初が肝心。そのためにも中学入学前から準備しておくことがおすすめです。

 

中学での学習は小学校の学習の上に積み重ねられるものです。小学校で苦手だった教科は早めに克服しておくと中学からの学習の役に立つので、時間的に余裕のある冬休みに取り組むなど、余裕を持って進めることをオススメします。中学準備では、小学校の復習だけでなく、先取りもしておき、中学で学ぶ学習に触れておければより安心です。

 

中学最初が肝心! まずは、スムーズなスタートのためにも、中学準備はおすすめです。

 

 

◆進研ゼミ「中学講座」「中学準備講座」のご紹介

 進研ゼミでは、授業理解や定期テスト、受験対策に必要な内容にしぼって、一人ひとりの理解度に合わせて指導する「中学講座」をご用意しています。志望高校合格から逆算した段階プログラムは、お子さまの成長段階に合わせて選ぶことができます。春から中学生になるお子さまには、小学校6年生の1月号から開講する「中学準備講座」がおすすめ。入学への不安を解消し、中学でも通用する学習スタイルを取得できるプログラムです。小学校の総復習と中学の先取りで、中学スタートから成功できる学力を養うことができます。難関高校合格を目標に中学準備に取り組んでみませんか。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A