流行中? 生後6ヵ月を祝うハーフバースデー

近年、生後6ヵ月を祝う「ハーフバースデー」を祝うかたが増えているようです。生後6ヵ月といえば、お子さまの首がすわり、表情が豊かになってくる頃。おうちのかたも育児にも慣れ、気持ちに余裕が出てくる時期ですね。お子さまの成長とおうちのかたのがんばりに対するねぎらいの気持ちを込めて、お祝いしてみてはいかがでしょうか。

「ハーフバースデー」とは?

赤ちゃんが生まれてから半年後に、成長の節目としてお祝いをするハーフバースデー。
アメリカやイギリスの習慣が起源で、お子さまの誕生日が祝日や休暇と重なってしまった場合、みんなにお祝いをしてもらえるように、あえて誕生日のお祝いをずらし、半年前や半年後に行っていたことからきているそう。定着しつつある日本バージョンは、独自にアレンジされたもの。家族や友人で、生後半年の成長祝いを楽しんでいます。

どうやってお祝いしているの?

近頃では、ハーフバースデー用の撮影メニューが用意されている写真館が増えており、人気です。また、赤ちゃんがくつろげるご自宅でお祝いするパターンが多いです。バルーンやガーランドでお部屋を飾って雰囲気を盛り上げると、赤ちゃんにも楽しいムードが伝わるでしょう。この時期のかわいさを記憶に刻むことができる、寝相アートや手形・足形などは、成長の記録にもなるのでおすすめです。また、生後6ヵ月といえば、離乳食が始まっている時期。赤ちゃんが食べられる、おかゆや野菜のペーストで、離乳食をかわいく盛りつけてお誕生日仕様にするのも楽しいですね。

ハーフバースデーの楽しみ方は人それぞれ。いずれにしても、改めてお子さまの成長を振り返り、生まれてきてくれたことに感謝するいい機会になりそうですね。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A