いよいよきたか、この時期が! なう。[おぐらなおみの「もういちど受験なう。」~浪人・再チャレンジ編~]

++いよいよきたか、この時期が! なう。++

ムスメの机の上に、大学入試センター試験・受験案内の冊子が置いてあるのを発見し、
ああ、そんな時期がきたか、いよいよだな……と思いました。
(10月9日(金)が締め切りでしたね。申し込み期間が意外と短くてドキドキしました。)

前回のセンター試験は結果が振るわず、しょんぼりしたムスメの姿を見ているので、
「今年はよろしく頼むよ!」と冊子を見かけるたびに軽くあいさつをしたり、
さりげなく「得点アップ祈願の舞」を踊ったりしております。
(机の前で両手をひらひらさせて左右に移動。合格のイメージを浮かべながら。)

もうひとつの「いよいよ」ですが、トイレに貼り紙を見るようになりました。

数学の公式やら英単語やら、その時々で変わりますが、今年の初お目見えは日本史。

藩学・私塾・経世論ときて、「処罰された戯作(げさく)者」などもありました。
ふむふむ、このあたりって確かに覚えにくいよね、なんて昔を思い出しつつ読んでみます。

「為永春水(ためながしゅんすい)・春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」などは
もうまったく忘却のかなたで、この文章を書くために何度も確認しましたが、
それでも全然覚えられずに、トイレのメモをパソコン前まで持ってきて書いているトホホぶり。
受験から遠く離れてしまった世代にはもう、「なんのこっちゃ?」と思ってしまう。

これを覚えて受験生は入試に挑んでいくわけです。

受験勉強に疲れると、「こういう詰め込み型の勉強には興味が持てない。」などと、
泣きごとを言っていたムスメです。
確かにそのとおり! 私も同じ気持ち! と肩のひとつも抱いて高らかに共感の唄でも
歌いたいところですが、去年もそんなことをしてムスメに嫌がられたんだった……。

今年は、現実的でない的外れな励ましは控えて、せめてもの母の愛(思いやり)として、
「為永春水は、出版業のかたわら、歯磨き粉も売っていたらしいよ。」というトリビアを
教えてみるくらいしかできません。(←今調べました。)

そのほか、何かできることはないか!

……こんな風に親の鼻息荒くなる季節が、「いよいよ」やってきてしまいました。

余計なことをしてムスメの気持ちに波風立てないようにしよう、と考えているくらいが
ちょうどいいかなと思うので、ほどほどな感じでいるように心がけたいと思います。

勝手にメモを書き直さないとか……しないようにしないと、ね……。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A