食物・栄養学ってどんな学問?

 世の中にはたくさんの学問があります。どんな内容で、何を学んでいくのか知っておくことは、自分の興味や関心の方向性を探れることはもちろん、進路を決めるために、大いに役立つでしょう。今回は食品や食品の持つ栄養について研究する「食物・栄養学」を取りあげます。

 

 

食物・栄養学とは?

 食物・栄養学は、食品や食品の持つ栄養について研究する学問です。人間が健康に生活し、成長していくにはどのような栄養素が必要であり、それらの栄養素はどのような食品から摂取するべきか、年齢・体調・病状などに応じた食生活とはどんなものなのかなどを分析・研究していきます。飽食の時代と呼ばれる現代において、食べることの重要さを再確認するためにも必要な学問です。

 

 

食物・栄養学ではどんなことを勉強する?

 食物・栄養学は、主に次のような分野に分類されます。

 

・ 食品学:食品の種類ごとに、特徴を把握

・ 調理学:食品の調理方法や、味や色彩を生かした「おいしさ」の追究

・ 栄養学:食事や食品に含まれる栄養素が、生物の中でどのように生かされるかなどの研究

 

食生活は人の健康を支える大変重要なものです。栄養バランスが崩れれば日々の体調を崩すだけでなく、大きな病気にもつながり、その後の生活に支障がでることも珍しくありません。たとえば成長期であればどんな栄養素をどれだけ摂取するべきか、どの栄養が不足した場合どんな病気に陥る可能性があるかなど、食を通じて人々の幸せを追求していく学問だと考えましょう。

 

 

食物・栄養学の講義はどのように設定されているか

 上記で説明した食品・栄養・調理の3分野に関する科目を履修することになります。

 

・ 食品学:食品材料学、食品加工学、食品衛生学、食品評価論など

・ 調理学:調理科学、食品加工学、食事計画など

・ 栄養学:臨床栄養学、公衆栄養学、成人栄養保健論、給食計画論など

 

さらに、食の文化や歴史について学ぶ「食文化論」「食物史」「比較食文化論」、食品の製造や開発、外食産業と経済を交えて考える「製品開発論」「食資源論」「食料経済」など、食べ物、食事をもっと大きな枠でとらえて研究する学問でもあります。

 

 

食物・栄養学を学んだ人々の卒業後の進路

 食物・栄養学を学ぶことで、栄養士、管理栄養士、フードスペシャリストなどの受験資格を得ることができます。その資格を生かして、給食センター、病院、学校、保健所、食生活アドバイザーなど、食の安全を守る仕事に就く人がいます。

 

一方で、フードコーディネーターとして活躍する人、食品関係、飲食関係の仕事につき加工食品や健康食品、メニューの開発に携わる人など、新しい食生活を提案していく人々もいます。

 

 

参考:

食物・栄養学 │ 学問・大学情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/learning/system/026/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A