教育学ってどんな学問?

世の中にはたくさんの学問があります。どんな内容で、何を学んでいくのか知っておくことは、自分の興味や関心の方向性を探れることはもちろん、進路を決めるために、大いに役立つでしょう。今回は「教育学」を取りあげます。

教育学とは?

 「教育学」とは、その時代や状況に合わせた適切な教育方法を追究する学問です。子どもたちが健やかに成長するにはどう導いていくべきなのか、過去の事例・事象なども検証していきます。さまざまな教育を研究対象とするため、学校だけでなく、家庭内での教育や企業での人材教育、政策としての教育なども研究範囲に含まれます。

 

 

教育学ではどんなことを勉強する?

 教育学において必要なのは、教育現場での実態を把握することや教育の歴史だけではありません。「人間と社会」という、もっと大きな枠組みでの理解が必要です。そのため、文化学や社会学、心理学などの他分野にも踏み込んで研究していきます。書物を読み込む以外に、映画や演劇などを鑑賞し分析することも、人間を理解するうえで重要なことだと考えられています。

 

 現在、教育学が取りあげるべき問題は数多くあります。入試の在り方、保護者と学校の関係、不登校、いじめなど、それぞれの原因追究や対策についての研究は活発化しています。今こそ、新しい教育の在り方が求められているときだともいえるでしょう。

 

 

教育学の講義はどのように設定されているか

 1・2年次は、教育学原論などの必修科目を履修し、3年次以降には専門研究へと進み、より具体的な教育問題などをテーマに取りあげた講義を受けます。国際理解教育や海外子女教育など異文化間の教育を取りあげるもの、社会と教育との関係を解き明かすもの、生涯学習を取り扱うものなど、特色ある講義が増えつつあります。

 

「教員養成系」と違い、教育学は教員養成を目的とした学問ではありません。しかし、大学によっては必要な単位さえ取れば教員免許を取得することも可能です。

 

 

教育学を学んだ人々の卒業後の進路

 最近は定年退職者が増加したこともあり、教員の採用数は増える傾向にあります。しかし、地域によっては非常に競争率が高く、教師になるのは容易なことではありません。そのため、一般企業に就職する人、公務員をめざす人、大学院に進学して臨床心理士などをめざす人など、教職以外の進路を選ぶ人もたくさんいます。

 

 

参考:

教育学 │ 学問・大学情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/learning/system/023/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A