英語の授業、昔と今ではこんなに違う!?

グローバル化が進む将来、英語を使う機会は、今より間違いなく増えていくでしょう。「わが子にしっかりとした英語力を身につけてほしい」と願う保護者のかたは、就学前のお子さまの英語学習について、どんなことを知っておけばいいのでしょうか。
『Worldwide Kids』・『ベネッセこども英語教室』などを展開する、株式会社ベネッセコーポレーション 英語商品開発部 教室LP開発課長の小池晴子氏にお話をうかがいました。


親の世代の体験が通用しない!?

 日本の学校教育は大きく変わろうとしています。具体的には学習指導要領が改訂される2018?2020年から、小学校5・6年生で英語が教科化され、3・4年生で必修化されます。また、中学・高校では授業は英語で行うことを基本とし、英語でコミュニケーションする力の修得に大きくシフトするのです。つまり、親の世代が経験した学校の英語の授業とは、まったく様変わりしています。

 

かつては英語を「読む」「書く」からスタートしたものですが、今は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく修得し、英語を実際に使えるようになることを目指しています。ですから、親の世代がイメージするようなノートの左側に英語を書いて、右側に日本語訳を書く、といったような旧来型の英語学習は、ほぼ消滅するといっていいでしょう。

 

 

「受験英語」と「使える英語」のギャップを解消

 大学受験も、英語の4技能を測定する方向に舵がきられています。親の世代は、「受験のための英語と、実際に使える英語は違う。けれど、合格するために勉強するしかない」と思っていたかもしれません。ですが、お子さまが受験生になるころには、英語の試験そのものが英語を「使える」力を測る機会になりますので、存分と様変わりしますね。

 

 

親の持つ先入観を、子どもに持たせないで!

 保護者の中には、自分の体験をもとに、「英語の勉強は難しい。でも話せるようにならない。」という先入観を持っておられる方もあるかもしれません。しかしその「難しくて大変なもの」という先入観をお子さまに刷り込んでしまわないようにしていただければと思います。お子さまたちが今後学ぶ英語は、コミュニケーションの手段としての英語、本当に大切なのはさらに先の「英語使って何をするか。何ができることをめざすのか」ということです。ですから、とくに小さいうちは英語には楽しく触れて、少し大きいお子さまの場合は、英語ができることのメリットにお子さまの意識が向くように、接してあげたいですね。

 

 

ベネッセは、『Worldwide Kids』・『ベネッセこども英語教室』をはじめ、お子さまの年齢や学びのスタイルに合わせて、最適な英語学習教材・サービスをご用意しております。詳しくはこちらから。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A