読めれば書ける! 中学英語をモノにする近道をカリスマが伝授!

読めれば書ける! 中学英語をモノにする近道をカリスマが伝授!「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能など、ますます「使う」力が求められている中学校の英語。英語が苦手になる原因のうち、ひとつは「文字が読めない・書けない」ことだという。「世界の100人の教師」に選ばれたこともある英語教育のカリスマ、関西大学教授の田尻悟郎先生に、カルタを使って、英語の音と文字を自然に結びつける方法を教えてもらった。

 

***

 

たとえば次のような、三文字の単語を集めたカルタを用意します。
「cup(カップ)」「cut(切る)」「map(地図)」「mop(モップ)」

 

「cup」というと子どもたちはそのカルタを取りますが、その時、カップの絵を見ながら、cupという文字も無意識のうちに目に入れています。繰り返しカルタで遊ぶことで、子どもは音と意味を自然に結びつけられるようになると同時に、文字にも親しんでいきます。

 

実はこの3文字カルタは、よく似た音の単語で構成してあります。たとえば、
「bug(虫)」「bus(バス)」「bag(かばん)」「bath(風呂)」
bugとbagは特によく似ています。これを間違えずに取るためには、buとba の音を区別しなくてはなりません。よく似た音の単語に注意することで、音に対して非常に敏感になります。そのプロセスの中で、文字の読み方を自然に覚えていくのです。baとbuはよく似ていますが、発音が違います。baのaは「エ」ト「ア」をつなげて速く発音した音で、“ベエァ”のようになります。buのuは日本語の「ア」とほぼ同じ。ですから日本語の“バ”と同じような発音になります。

 

このカルタ遊びのねらいは、以下の3点です。
 ●子音の読み方を知る
 ●子音+母音の読み方を知る
 ●母音単独での読み方を知る

 

つまり、母音単独、子音単独、子音+母音の三種類が読めれば、単語は読めて書けるわけです。しかし、読み方がわからないと、長い単語のつづりを全部かたまりで覚えようとしますので、どうしても思い出せない、という状況に陥ってしまうのです。

 

出典:英語が得意になる方法 文字が読める・書けるようになる【前編】 -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A