【2021版】小学生におすすめの歴史まんがは?人気シリーズ6選の特長と違いを詳しい書店員が比較解説 中学受験向きや選ぶポイントも紹介

小学校6年生から社会科で学ぶことになる日本の歴史。好き嫌いが大きく分かれる分野のひとつですが、中学受験にも歴史の問題は出題されますし、中学生以降も日本史の勉強は続きます。
歴史が苦手な子が歴史好きに、歴史が好きな子はもっと歴史好きになれるように、楽しく読める歴史まんがはいかがでしょうか。
今回は、多くの歴史まんがの中から、人気のあるシリーズをピックアップ。受験対策にもなるものや、小学校低学年向けのものなど、歴史まんがに詳しい蔦屋書店のコンシェルジュ・濱田知佳さんに解説していただきました。

この記事のポイント

5社の「日本の歴史まんが」に注目!それぞれの特長は?

『学習まんが 少年少女日本の歴史』(小学館)は、
累計発行部数2000万部超えのベストセラー

https://www.shogakukan.co.jp/pr/manganichireki/

親御さん世代も目にしてきたと思われるロングセラーシリーズで、まんがの雰囲気がコミカルで楽しく読めます。注釈も丁寧にされており、たくさんの情報がシンプルにまとまっています。
学年ビリのギャルが慶応大学に現役合格し映画化もされた話題作『ビリギャル』で、大学受験の日本史の勉強に利用したことでも有名に。受験対策に役立つ歴史まんがとして広く認知されています。
日本の歴史の大きな流れをつかみ、楽しみながら知識を身につけられる本格的なシリーズなので、学習まんがの導入としておすすめです。装丁がハードカバーになっており、中学受験から大学受験まで長く読みたいかたにも適しています。

・絵がコミカルで楽しく読める
・大きな歴史の流れをつかむのにおすすめ
・丁寧な解説つき
・24巻セット(全22巻+別巻2巻) 21758円(税込)

『学習まんが 日本の歴史』(集英社)は、
受験対策にも歴史まんが初心者にもおすすめ

https://kids.shueisha.co.jp/nihonshi/

巻頭の簡単な早わかり図と3つぐらいの巻頭特集でポイントを押さえてから、スッと本編に入ることができます。途中途中でカラーページになっているところも飽きずに読めるポイント。歴史が苦手な子どもや歴史まんが初心者でも手に取りやすいシリーズです。
また、章ごとの間に1ページのコラムがあり、本編とあわせて読むことでより深い学習効果が期待できます。巻末には逆引きできる歴史用語の一覧が掲載されており、まんがと照らし合わせながら覚えることが可能です。
受験界のカリスマ講師・野島博之先生が総合アドバイザーをつとめ、全20巻中8巻が近現代史になっているため、受験対策としても役立ちます。2021年6月15日にはコンパクト版も発売予定。

・章ごとのコラムの内容が充実
・近代史のボリュームが多く受験対策にも
・逆引きできる歴史用語つき
・全20巻セット 19,800円(税込)

『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』(KADOKAWA) は、
歴史の流れをつかむ東大流の工夫が満載

https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/nihonnorekishi/

東京大学教授の山本博文先生が監修している、歴史の大きな流れをつかむことを重視したシリーズ。登場人物の相関図もしっかり作られており、絵で見る歴史ナビというガイドで流れをつかんでから本編に入れるのでわかりやすいです。山本先生のコメントやメッセージにより、理解度も深まります。巻末にクイズなどもついているので、最後まで楽しく読めます。
KADOKAWAのシリーズはサイズがコンパクトで、持ち運びしやすいところも選ばれている理由のひとつ。サイズは小さいけれど、1巻あたりのページ数は多く、情報量のボリュームもあります。別巻に『よくわかる近現代史』シリーズがあり、受験生から高く支持されています。

・歴史の大きな流れをつかめるシリーズ
・持ち運びしやすいコンパクトサイズ
・別巻『よくわかる近現代史』全3巻もあり
・全15巻+別巻4冊定番セット 16,720円(税込)

『DVD付 学研まんが NEW日本の歴史』(学研プラス)は、
深い学びにつながるDVDつき

https://manga.gakken.jp/

全巻DVDつきであることが他社と大きく違う特長です。アニメだけでなく資料映像も収録されており、よりリアルに歴史を感じることができます。人物や出来事を覚えるだけでなく、その人物が何を考えてどう行動したのかということまで、主体的に学べる工夫がされています。
巻頭の両観音開きのコーナーで、各巻ごとに同時期の日本と世界の事象を比べることができるなど、新学習指導要領以降のグローバルな歴史学習にも対応した内容です。まんが本編も解説ページの写真も、読みやすく理解しやすいオールカラー。まんがと映像のアプローチにより、深く考えながら学べるシリーズになっています。

・アニメや資料映像のDVDつき(各巻約30分)
・漫画+DVDで理解度が深まる
・オールカラーで読みやすい
・全12巻セット 13,200円(税込)

『学習まんが 日本の歴史』(講談社)は、
圧倒的な受験対応力を持つ新シリーズ

https://rekishimanga.jp/

2020年7月に発売された新しいシリーズ。古代から令和まで、気鋭の若手研究者たちが監修しており、歴史の解釈も最新版です。実力派の漫画家が手掛けている本編は読み応えがあり、小学生から大人まで楽しめます。
巻頭の「クローズアップ」に、重要ポイントや当時の衣食住、交通、思想まで細かく描かれており、シリーズを通して同じ切り口になっているので比較するのも面白く、時代の変遷もわかりやすいです。
全ページの欄外に約3500本の豆知識を掲載。歴史的な知識だけでなく+αの楽しめる要素まで載っており、本編以外の情報量も非常に多いです。中学受験はもちろん、高校受験や大学受験にも使えるシリーズといえます。

・新学習指導要領対応の最新歴史学習まんが
・情報量が多く中学から大学受験まで使える
・コミックサイズで読みやすい
・全20巻 18,700円(税込)

受験対策に使えそうなシリーズはどれ?

新学習指導要領になり、歴史も年号を覚えるだけではなく、どのように学ぶか、考えるかが重要になってきました。受験にも使えるような歴史まんがを買おうと決めているのであれば、絵よりも内容で選ぶ方がいいと思います。
自分の国の歴史を深く知り、世界との違いがきちんと描かれているものとなると、学研プラスや小学館のシリーズがおすすめです。中学受験には近現代史のほうがよくでると言われているので、近現代史の比重が多いシリーズでいうと、集英社、KADOKAWA、講談社になります。ただし、KADOKAWAの近現代史の別巻は、小学校低学年には少し難しくて読みにくいかもしれません。読みやすさとバランス、絵の雰囲気などの点でいうと、講談社のほうが小さい子どもには入りやすいと思います。あとは、小学館のシリーズで全体の流れをつかんで、近現代史はKADOKAWAの別巻で補うというパターンの購入者も多いです。

歴史が苦手な子どもや小学校低学年から学ぶには『日本史探偵コナン』シリーズがおすすめ

前述の5社のシリーズ以外で売れている歴史まんがとなると、飛び抜けて『名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン』(小学館)が人気です。よくあるコナンのストーリー展開で、事件が起こり勝海舟などの歴史上の有名人が登場します。完全にコナン要素、エンタメ要素が強いので、歴史を学ぶというよりは読んで楽しむシリーズといえます。
歴史的な背景などは、「推理ノート」という解説のようなものまでしっかり読むと理解が深まります。小学校低学年から歴史に親しみたい子ども、歴史が苦手な子どもが歴史に興味を持つきっかけになると思います。

『日本史探偵コナン』(小学館)

https://www.shogakukan.co.jp/pr/ntconan/

・エンタメ要素が強く楽しめるストーリー
・小学校低学年から歴史に親しみたい子どもや歴史が苦手な子ども向け
・「推理ノート」で史実を補足
・シーズンⅠ全12巻 シーズンⅡ全6巻 外伝(アナザー)全4巻 各1,078円(税込)

歴史まんがを選ぶときのポイントは?

・歴史好きな子どもは、好きな時代から

歴史が好きな子どもは、自分の好きな時代から読んでいくといいと思います。好きなところからどんどん吸収して、“この次の時代はどうなんだろう”とか、“同じ時代の世界の歴史はどうなっているんだろう”とか、他の歴史まんがも読んでみようという気持ちへ発展していけると思います。

・歴史が苦手な子どもには、きっかけとなる1冊を

歴史が苦手な子どもには、歴史を好きになってもらいたいので、まずは内容よりも、手に取ってもらえる本であることが大切です。“クイズ番組で取り上げられてた人だよね”とか、“バラエティ番組でこの時代の話やってたよね”、というようなところからスタートするといいと思います。その人物やその時代のものを読むきっかけがあれば、その後もどんどん興味が出てくるかもしれません。
まんがによっては、子どもがひとりで解説を読んでも理解できない部分もあると思います。また、巻頭に細かい解説があったりすると子どもは構えてしまったり、読まずに飛ばしてしまったりするかもしれません。 親御さんが解説をフォローしてあげながら、一緒にコミュニケーションを取るというのも楽しんで読めるポイントになると思います。

【日本の歴史】

出版社 講談社 集英社 KADOKAWA 学研プラス 小学館
書名 学習まんが 日本の歴史 学習まんが 日本の歴史 角川まんが学習 日本の歴史 DVD付 学研まんが NEW日本の歴史 学習まんが 少年少女日本の歴史
発行年 2020年 2016年(全面改訂) 2015年 2021年 1981年(改訂増補版1998年)
巻数 全20巻 全20巻 全15巻+別巻4巻 全12巻 24巻(全22巻+別巻2巻)
近代史の巻数 20巻中6巻 20巻中8巻 15巻中4巻+別巻3巻 12巻中4巻 22巻中8巻
価格 18,700円(税込) 19,800円(税込) 16,720円(税込) 13,200円(税込) 21,758円(税込)
サイズ 18.8×13(四六判) 22.8×16(菊判) 18.8×13(四六判) 21.0×14.4(A5変 23×16(菊判)
装丁 ソフトカバー ハードカバー ソフトカバー ソフトカバー ハードカバー
監修者 呉座勇一、舟橋正真ほか 設楽博己ほか各時代の専門家 山本博文 大石学 児玉幸多
絵のテイスト 保護者世代が親しみを覚えるタッチ 保護者世代が親しみを覚えるタッチ シンプルでかわいらしい 少女まんがのように目が大きい現代風 保護者世代が親しみを覚えるタッチ
特長 新学習指導要領に対応し、歴史の解釈も最新。情報量が多く、中学~大学受験対策に対応可能。 集英社各誌で活躍中の有名まんが家による表紙。受験の現場を知るカリスマ講師・野島博之氏が総合アドバイザーとなり近現代史を増量。 新学習指導要領に基づいて最新の内容にアップデート。東大流の“歴史の大きな流れをつかむ”工夫が満載。 新学習指導要領にも完全対応。NHKの資料映像やアニメ、オリジナル動画を収録した約30分のDVDつき。オールカラー。 発売から39年、累計2060万部突破のベストセラー。豊富な史料と情報量の多さで、受験対策にも実績あり。

取材協力 蔦屋書店 柏の葉T-SITE
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/

コンシェルジュ 濱田知佳さん
全国の蔦屋書店・蔦屋家電のコンシェルジュは、本に精通しているプロの接客係。書店を訪れるかたの要望に合わせて、本の紹介や本との出会いをサポートします。蔦屋書店 柏の葉T-SITE店所属の濱田さんは、子どもフロア担当のコンシェルジュのひとり。0~2歳までの発達段階に沿った赤ちゃん絵本や自然科学や学びの児童書の選書に加え、店舗では毎日の読み聞かせのほか、子どもの好きが発見できるようなイベントや、親子で楽しめる体験など、さまざまなイベントを企画・開催。

プロフィール

井上加織

大学生の頃よりファッション誌のライターとして活動し、主にインタビューページなどを担当。ママ向けライフスタイル誌、お受験系幼児教室のオウンドメディアなどWEB媒体でも執筆。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A