小学生のオンライン学習はどうサポートする? 授業前の準備と声かけのコツ

小学生の学習や習い事のサポートに悩んでいませんか? 「保護者はどう声かけすればいい?」「初めてのオンライン学習でサポートのしかたが分からない」と困っていないでしょうか。今回は小学生のオンライン学習で、保護者のサポートや声かけのコツをお伝えします。

この記事のポイント

1.机の周りを整理する

まずは学習スペースを整理しましょう。オンライン学習の一番の特徴は「自宅で学習できる」ということです。大きなメリットですが、リラックス気分のまま授業を受けていては集中できません。

近くのテレビを消すことはもちろん、漫画や雑誌が近くに置かれていないか、物が散らかっていないかを確認してください。保護者はお子さまの学習の機会が無駄にならないよう、オンライン授業の環境を整えるお手伝いをしましょう。

最初は保護者が率先して整理することで、お子さまも少しずつ定着していくでしょう。机が散らかっていると叱るだけで、片付けをお子さまに任せるのは良くありません。サポート役として一緒に整頓することで、お子さまの安心感にもつながるのです。

2.保護者が前向きな声かけをする

保護者が前向きな声かけをすると、お子さまの意欲が高まります。一緒に学習スペースを整頓しながら、「机がきれいになると気持ちがいいね」「今日はどんな授業なのか楽しみだね」などと、声をかけてください。

一緒に整頓しながら話題をふると、お子さまは保護者を頼もしく思います。学習前に「楽しい」「やってみよう」という気持ちになってもらうと、オンライン学習への抵抗が少なくなっていくでしょう。

もし忙しくてサポートができない場合は、事前に保護者が机を軽く整頓しておくと取り組みやすくなります。またメモなどで前向きなメッセージを添えるのもおすすめです。忙しいときも何らかのコミュニケーションを取ると、お子さまも見守ってもらっている実感がわきます。

3. 開始5分前になったら席につく

開始前の5分間は「これから授業が始まる」ということを自覚する時間になります。学校の授業ではチャイムが鳴ったら席に座って待機しています。オンライン学習でも同じだと考えると良いしょう。

オンライン学習は日常との地続きで、小学生では気持ちの切り替えができません。教室やレッスンに通うというルーティンがないため、気持ちを切り替えるきっかけ作りが大切です。5分前になったら席につくルーティンを作り、やる気を高めてあげましょう。

固く考えすぎるとお子さまが緊張してしまうので、まずは5分前に席につくことから教えてください。ちょっとしたメリハリをつけることで、お子さまの気持ちも学習モードに切り替わるようになります。

まとめ & 実践 TIPS

オンライン学習は自宅にいながら授業やレッスンが受けられるサービスです。自宅で勉強できるのはありがたいことと自覚し、日常と同じ場所でできる学びを大切にしてください。「机の整頓」「前向きな声かけ」「姿勢を整えて待機」この3つをお子さまが定着できるようにしましょう。
どう活かせるかはやり方しだいです。せっかくの機会を有効に使えるよう、寄り添ってサポートしてくださいね。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A