保育園でのコミュニケーション/コミュ力0ママでも育児の人間関係なんとかなる#10

日々の送り迎えに懇親会、運動会などの行事……etc。保育園は、他の親子と顔を合わせる機会が多いもの。おやまさんはどんなふうに他の親子とのコミュニケーションを取っていったのでしょうか?

前回のお話はこちら
交流疲れと席取り疲れを感じたら/コミュ力0ママでも育児の人間関係なんとかなる#9

最初から読む

なに話す!? 懇親会での自己紹介

おやまさん:私のように話すのが苦手なママさんは、上手に話そうとがんばるより、話しているママさんに微笑みを向けながら「うんうん……」とさりげなく相槌を打ったりするなど、ママさんたちの話しやすい空気を作る「聞き役」に徹してみるのもアリだと思います。

親に話しかけられないなら子どもに話しかければいいじゃないか!

おやまさん:自分の子に話しかけてもらえるのって嬉しいな……と感じてから、私も他のママさんの子になるべく話しかけるようにしています……!
見覚えのあるキャラ物のTシャツを着ている子には「それうちの子も好きなんだよ~!」「○○が好きなんだね!」とか、電車のおもちゃを持っていたら「電車かっこいいねえ~!」などと話しかけています!

次話:どうする?送迎時の雑談の話題/コミュ力0ママでも育児の人間関係なんとかなる#11

\これまでのマンガはこちら/

<第1回>コミュ力0ママでも育児の人間関係なんとかなる
<第2回>産院でのママ友づくり
<第3回>よく泣く我が子を連れて
<第4回>仲良くなれるチャンス?
<第5回>ひと皮むけるきっかけ
<第6回>距離感の取り方と縮め方
<第7回>約束にまつわるエトセトラ
<第8回>児童館&公園デビューに挑戦!
<第9回>交流疲れと席取り疲れを感じたら

ほかのマンガを読む

プロフィール


おやま

マンガをこよなく愛する3児の母。イラストレーター・デザイナー・漫画家として活躍。子どもたちのシュールな言動を優しい世界観で表現したエッセイ漫画がSNSで人気となる。「コミュ力0ママでも育児の人間関係なんとかなるよBOOK」「おやまさんちの愉快なる365日」発売中!
Twitter:@oyamaoyadayo

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

子育て・教育Q&A