幼児のイヤイヤ期にイライラ!そんなときは「ハードルを下げる」ことも大切

子育てはイライラすることも多いですよね。「なんでできないの」「なんで言うことを聞かないの」と思ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、ちょっとだけハードルを下げてみませんか? イライラを軽減する子育てのコツをご紹介します。

この記事のポイント

子どもにイライラするのは「期待しすぎている」から?

イヤイヤ期、反抗期……子どもの年齢に関わらず、子育てはイライラすることもあるでしょう。にこやかにできることばかりではありませんよね。

でもそのイライラの原因は、実は大人がちょっと期待しすぎているからかもしれません。「このくらいはできるはず」「きっとわかってくれているはず」そんな風に思っていませんか? これは、大人が勝手に決めてしまっている「ハードル」です。もしかすると、子どもにとっては高すぎるのかもしれません。

このハードルをちょっと下げるだけで、イライラする気持ちを軽減できる可能性があります。

ハードルを下げれば褒めることがいっぱいになる

ハードルを下げることは、それほど難しいことではありません。「できて当たり前」と思っていることを、「できたらすごい」と思ってあげればOKです。

たとえば着替えの場面を想像してみましょう。ある程度自分で着脱できるようになると、「もう一人で全部着られる」と思ってしまいますよね。これを、「ズボンだけでも一人で着られたらOK。全部できたらすごい!」という考えに変えてみましょう。

そうすると、言葉がけは「一人でできるでしょ」から「ズボン一人で履けたんだね、すごい!」に変わります。保護者のかたのイライラも減り、子どもも褒められて嬉しくなるでしょう。そうするとやる気が出て、次はもっとできるようになるかもしれません。

子どもが無理なくできるところまでハードルを下げれば、それだけ褒めることが増えます。それ以上のことができれば、「ウチの子すごい!」という気持ちにもなるでしょう。そうすれば、自然とイライラしなくなるはず。やっていることは同じでも、大人の気持ち次第でこんなに変わるのです。

大人も自分のハードルを下げてみよう

ハードルをつい高くしてしまうのは、子どもに対してだけではありません。保護者のかたも、自分自身のハードルを上げ過ぎて無理をしてはいませんか?

「夕食は毎日手作りしなきゃ」「いつも笑っていなくちゃ」「完璧なママでいなきゃ」と、頑張りすぎてはいないでしょうか。完璧である必要はありません。家事も育児も、手抜きをしたって大丈夫です。

「お惣菜でも夕食を用意した私はすごい」「毎日会社に行くために朝起きている僕はすごい」そんな風に、思ってみませんか。もちろん、パートナーに対しても同じです。それだけで、気持ちが楽になるかもしれません。

まとめ & 実践 TIPS

子育ては、イライラしたりうまくいかなかったりすることもあるでしょう。でも、「私はダメだ」と悲観しなくて大丈夫。子どもも大人も、失敗しながら大きくなっていくからです。


お子さまが3歳なら、保護者のかたも親として3歳。たとえ三人目でも、三人の子どもの親としては3歳です。たった数年でここまでお子さまを育ててきたことに、自信を持ってください。高すぎるハードルをちょっとだけ下げて、ゆっくりゆっくり、お子さまと一緒に成長していきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A