10歳までに「異性の親と一緒にお風呂」を卒業した家庭は約50%! 小中学生のお風呂事情

「パパと娘が一緒にお風呂に入るのは何歳までOK?」「子どもの夜中のトイレはいつまでついていけばよいの?」そんな子育て生活の中で気になる疑問を、小学生・中学生のお子さんをお持ちの保護者のかたに聞きました!
実際のタイミングをアンケート結果から見てみましょう。

※全国の小学4年生~中学3年生のお子さんを持つ保護者のかたを対象に、2018年11月にアンケートを実施。回答者数360人。

異性の親子が一緒にお風呂に入っていたのは、6~10歳が多い?

湯船に一緒に入ってゆっくり話をする。こんな風景は日本ならでは。親子のコミュニケーションの場面の一つですね。ただ子どもの成長とともに、「ほかの家庭では、異性の子どもと何歳まで一緒にお風呂に入っているんだろう?」と疑問に思う保護者のかたも多いようです。

子育て中のご家庭では、実際には何歳で「一緒にお風呂」を卒業しているのでしょうか?
「お子さんは何歳まで、異性の保護者とお風呂に入っていましたか?」という質問の回答を見てみましょう。

今回のアンケート結果では、約42%の人が「6歳~9歳」まで一緒に入っていたと答えました。また「今でも一緒に入っている」と答えた人の中で、13歳~15歳のお子さんは4人でした。小学1年生から高学年になるころには、異性の親子でお風呂に入るのをやめているご家庭が多いようです。

一緒にお風呂に入るのをやめた理由として多く挙げられたのは、「自然と一緒に入らなくなった」というケースと、「子どもが嫌がるようになった」というケースでした。

そのほかの具体的な理由には、「兄が恥ずかしがるようになってから、本人も恥ずかしがるようになった」(11歳・女子の保護者)、「クラスの友達に、まだ一緒に入ってるの!?と、びっくりされてから、急に一人で入るようになった」(11歳・女子の保護者)と、きょうだいや友達などからの影響でやめたという理由が挙げられました。

さらに「生理が来てから、一緒には入らなくなった」(11歳・女子の保護者)、「胸がふくらみ始め、そろそろ一人で入りなさいとうながした」(11歳・女子の保護者)と、体の成長がきっかけになったケースも。
同年代の友達やきょうだいの声が気になりだしたり、体の変化に気付いたりと、お子さんの体と心の成長がきっかけになることも多いようです。

これら以外にも、「長男が大きくなってきたので、次男と3人でお風呂に入るのは窮屈になってきたから」(12歳・男子の保護者)、「部活や習い事など、生活時間帯のずれによってだんだん一緒入らなくなった」(10歳・男子の保護者)などと、物理的・時間的に一緒に入る習慣がなくなっていったという声も寄せられました。

中には、自立を促すために「小学校に入学してから、少しずつ、お風呂の入り方を教えていき、自分で入れるようにうながした」(12歳・男子の保護者)という声もありました。
一人でお風呂に入れるように教えることで、自立を促し、自尊心を育むことができるということもありそうですね。

お風呂やトイレは子どもの自立を促すよいきっかけに

異性の親と一緒にお風呂に入るのを嫌がるようになる。こんな場面は、毎日の生活の中でお子さんの成長を感じられるシーンの一つです。お子さんのお風呂事情について悩んだ時は、「一人でやってみる?」とサポートしてあげることが、自立心を育てるためのよいきっかけになるかもしれません。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A