主体的に勉強しない子ども 保護者の声掛けも原因?!【中学受験】

小学校高学年になり模試を受け始めるころになると、テストで緊張して力が発揮できなかったり、模試の判定結果を見て落ち込んでしまったり、というお子さんのメンタルの弱さが気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。
強いメンタルを育てるには、どのような点に気を付ければよいのか、森上教育研究所がお伝えします。

保護者が子どもを信頼することが大事

保護者が「できていない」と決めつけないように

お子さんがテストの本番で緊張してしまったり、「よい点数が取れない」と落ち込んでしまったりする背景には、「自分はうまくできないのではないか」という不安感があります。
多くの場合、そうしたお子さんの不安感は、親御さんの厳しすぎる評価や「この子は受からないのではないか」という不安感に由来しています。

以前「母親が小学6年生の受験生の子どもをガミガミ怒りすぎる」とそのお子さんのお祖母さまから相談を受けたことがあります。

その母親は模試の結果を見ては「これではダメだ」「全然できていない」とかなりきつい言葉をお子さんに直接投げかけていたようです。
しかし、受験指導をされているかたにお子さんの試験結果などを見てもらったところ、そのお子さんは志望校に十分受かる学力があり特待生を狙えるレベルであることがわかったのです。

親御さんはどうしても自分のお子さんを厳しく評価してしまいがちです。また模試の問題は難しいものも多いため「半分しかできていない」と不安になるかもしれません。
しかし、指導のプロから見れば正答率の高い問題はきちんとクリアしていてお子さんの理解度には問題がないということも多いのです。
親御さんがお子さんの力を勝手に評価してしまわず、塾の先生などプロの視点で公正にお子さんの現状を評価することが大事です。

レベルに見合った学校に入れればよいという覚悟も必要

受験勉強においては、入試までにできるようにしなければならないという時間との戦いという面があります。
ただ、そこで保護者のほうが焦ってしまうと、保護者の不安がお子さんに伝わり、お子さんも不安になってしまいます。そこは、不安であっても不安でない顔をする演技力が保護者には求められます。

また、お子さんの成長には個人差がありますので、入試までに学力が想定したレベルに向上しない場合は、お子さんのレベルに見合った学校に入れればよしとする覚悟が保護者には求められます。

実際、中学受験には間に合わなくとも、中学でぐっと学力を伸ばして高校受験で逆転するお子さんもいらっしゃいます。そうした覚悟があれば、親御さんも「入試に受かろうが受かるまいがこの子は大丈夫」という信頼をしっかりと持つことができ、それがお子さんのメンタルの安定へとつながることでしょう。

声かけを工夫し自己肯定感を高めることで強いメンタルを育てる

子どもが「自分はできる」という安心感を持てるように

強いメンタルを育てていく一番のかぎは「自分はできる」という安心感をお子さんに持たせることです。

問題を間違ってしまった場合、お子さんの間違いには必ず理由があります。ベテランの先生などは、間違いかたのよいところを見つけ、「いい間違いのしかただ」とほめることもあります。
親御さんからもそのような声かけができると、お子さんも「間違っていいんだ」と安心でき、自己肯定感も高まるでしょう。

また、お子さんの「できているところ」に着目することも大事です。
小さなことでもよいので、できることを少しずつ増やしていけるようにしたいものです。

たとえば「昨日は3つできたけど今日は4つできたね」といった声かけをしたり、今日できなかったところを△をつけておいて、次の日それが○になったらほめたり、といった小さな積み重ねにより、お子さんに「自分はできるんだ」という安心感を与えられるよう工夫しましょう。これは6年生の受験直前まで効きます。

子どもをある意味他人行儀に扱うことも必要

お子さんの自己肯定感が低くなってしまうほど親御さんが厳しく言い過ぎるのは、自分の子だと思って心配しすぎていたり、ぞんざいに扱ってしまったりすることに原因があります。
他人のお子さんに対してしないことは、自分の子にもしないように心掛け、お子さんの人格を尊重して他人行儀に扱うことも大事です。

家庭教師だとうまくいくのに親御さんだとうまくいかないのは、遠慮がないからです。他人のお子さんだと思えば、ここはこういうふうに言ってはいけないと細心の注意を払うでしょう。ぜひ学習指導においては、お子さんの自己肯定感が低くなってしまうほど厳しくしすぎないよう心がけてください。

そうは言っても勉強をせずにゲームをだらだらしている時など、注意せざるを得ない場面もあるでしょう。
このような生活習慣の問題は中学年までに習慣付けができていればよいのですが、高学年以降だと反発されてしまい簡単にはいきません。

そんな場面でも、強く叱るのではなく、「他の子はどうしてるんだろうね」という言い方にとどめるようにしましょう。そうすれば、お子さんは「ライバルには負けたくない」という気持ちになり、受験生の自覚も生まれてくるものです。

まとめ & 実践 TIPS

強いメンタルを育てるには、親御さんが厳しい評価をしすぎないよう、プロの視点を入れることや、不安であっても不安でない顔をする演技力が求められます。
また、お子さんの学力に見合った学校に入れればよいと覚悟し、お子さんへの信頼をしっかりと持つことも必要です。
声かけの際は、子どもが「自分はできる」という安心感を持てるよう、できることに着目することや、他のお子さんに言わないことは、自分の子どもにも言わないようにし、お子さんの人格を尊重することも大事です。

プロフィール

森上展安

森上展安

森上教育研究所(昭和63年(1988年)に設立した民間の教育研究所)代表。中学受験の保護者向けに著名講師による講演会「わが子が伸びる親の『技』研究会」をほぼ毎週主催。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A