【中学受験】睡眠と勉強 勉強が終わらない場合はどうする?

中学受験をめざして塾通いをしているお子さんは、どうしても就寝時間が遅くなってしまいがちです。今回は、睡眠時間と勉強時間のバランスをどのように取ればよいかについて、森上教育研究所がお伝えします。

その年齢に必要な睡眠時間を確保したうえで勉強を

低学年は10時間、中学年は9時間、高学年は8時間の睡眠時間を確保

塾の宿題がなかなか終わらなかったり、電車での塾通いで帰宅が遅くなりがちだったりで、就寝時間が遅くなってしまうという悩みをお聞きすることがあります。
睡眠時間が減ると朝起きるのも苦労しますし、勉強に集中することも難しくなります。睡眠時間を削ってたくさん勉強をしたからといって、たくさん覚えられるということもありません。
勉強よりも年齢に合った睡眠時間を確保することを優先してほしいと思います。

小学校の低学年であれば10時間、中学年は9時間、高学年は8時間が、最低限確保しておきたい睡眠時間の目安となります。
しっかりと睡眠をとって、気分爽快な状態で楽しく勉強に取り組むということを目標に、ぜひ保護者のかたはお子さんの生活リズムを整えてあげてください。

起きる時間を決めて家族全体で生活リズムを整える

生活リズムを整えるうえで、まず決めたいのは朝の起床時間です。
小学校が近くにあるご家庭では7時半起床、少し遠ければ7時起床といった具合にご家庭の状況に合わせて起床時間を決めて、それに沿って就寝時間や食事の時間などの家族全員の生活リズムをつくっていきましょう。

たとえば7時起床であれば、床に就く時間は低学年は21時、中学年は22時、高学年は23時が目標となります。それに間に合うように塾から帰ってからの宿題などの学習を終える時間を決めておくとよいでしょう。

勉強が終わらない場合に削るのは睡眠時間ではなく勉強量

塾の先生などプロの力を借りてやるべきことを絞る

しかし、目標とする時間までに塾で出された宿題をすべてこなすことができないというご家庭もあるかと思います。
その場合は、睡眠時間を削って宿題をこなすのではなく、宿題の内容を必要な部分のみに絞って睡眠時間を確保する方向で考えましょう。

宿題の中で、取り組まなくても大丈夫な部分と重要な部分とを見極めるためには、プロの力を借りることが必要になります。
たとえば、通っている塾の室長など相談しやすい先生に、重点的に取り組むべき部分を教えてもらうのがおすすめです。もし塾の先生が「宿題はすべて取り組むべきもの」という考え方の場合は、少しお金をかけて家庭教師の先生にお願いするか、中学受験を経験したごきょうだいなど受験に詳しい親しいかたに相談されるとよいでしょう。

塾の宿題は非常に量が多く、こなしきれなくてもお子さんの責任ではありません。
睡眠時間をしっかり確保することが、お子さんの健康を保つうえでも受験を成功させるうえでも最も大事であるということを念頭に、必要な学習内容のみに絞って効率よく取り組みましょう。

まとめ & 実践 TIPS

睡眠時間は小学校の低学年であれば10時間、中学年は9時間、高学年は8時間確保することを目標に、朝の起床時間を決めて家族全員の生活リズムをつくりましょう。
目標とする時間内に塾の宿題をこなしきれない場合は、塾の先生や家庭教師の先生などのプロの力を借りて、重要な部分のみに宿題の内容を絞るとよいでしょう。

プロフィール

森上展安

森上展安

森上教育研究所(昭和63年(1988年)に設立した民間の教育研究所)代表。中学受験の保護者向けに著名講師による講演会「わが子が伸びる親の『技』研究会」をほぼ毎週主催。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

記事ランキング

子育て・教育Q&A