進路は「好き」と「得意」のどちらで選ぶ?/お笑い芸人 厚切りジェイソンさん&石井てる美さん対談【中編】

東京大学卒・芸人
石井てる美さん

IT企業役員・芸人
厚切りジェイソンさん

プロフィール

厚切りジェイソン

厚切りジェイソンさん

17歳でミシガン州立大学に飛び級入学。イリノイ大学大学院修了後、IT企業などに務めたのち、米国企業の日本法人支社長として日本へ。IT企業に転職して役員を務めながら、2014年に芸人デビューするだけでなく、今やIT・投資・英語などの分野でも活躍している。著書に『ジェイソン流お金の増やし方』(ぴあ)など。

プロフィール

石井てる美

石井てる美さん

東京大学文科三類に入学したのち、「理転」し、理系の工学部社会基盤学科を卒業。同大学院修了後、外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社するも、1年4か月で退社。お笑い養成所に入所し、お笑い芸人となる。著書に『キャリアを手放す勇気』(日本経済新聞出版)など。

高校生はどこかのタイミングで、大学進学に向けて、「文系」「理系」や行きたい学部を選ばなくてはなりません。
でも、やりたいことが苦手だったら? そのとき保護者は、どのように進路のアドバイスをしたらいいのでしょうか?

進路選択のエピソードをうかがった前編に続き、苦手な理数系を避けて文系を選んだ石井てる美さん(東京大学卒・元マッキンゼー)、逆に「好き」を究めてコンピューターサイエンスを学んだ厚切りジェイソンさん(IT企業役員)に、苦手科目との向き合いかたなどを聞きました。

この記事のポイント

「得意」が進路選択の自信と強みになる

——改めて、進路選択のエピソードを教えてください。

石井てる美さん(以下:石井さん):高1の時点で、理系科目はどうやら苦手だなあと気付きまして……。一方で、海外へのあこがれもあって、中学時代からのめり込むように勉強していたのが英語。将来やりたいこともなかった私は、「大学受験を乗り越えるにはどうするか」という考えで、高2のクラス分けの際に「文系コース」を選び、東京大学の文科三類に進みました。

厚切りジェイソンさん(以下:ジェイソンさん):僕は、子どものころからコンピューターが好きで、プログラマーになりたかった。だから、そのために必要なことをとことん学んで、大学で本格的にコンピューターサイエンスを勉強しましたね。

——石井さんは大学3年次に、文系学部から工学部に「理転」されました。

石井さん:私が選んだ工学部社会基盤学科国際プロジェクトコースは、社会基盤を通して社会問題を解決しようという学問。「楽しそう!」と思って選んだものの、周りは理系学部の受験を突破してきた学生ばかりだったので、もちろん心配はありましたね。

でも、「目の前の勉強をきちんとやっておけば、あとで何でも選べるだろう」と高校の授業をしっかりと聞いていたこともあり、それほど困りませんでした。そして何といっても、英語という得意科目があったこと。海外でリサーチをする機会も多い学科だったので、数学は苦手だけれど、英語は誰にも負けないという自信が強みになりました。

ジェイソンさん:僕と同じだね! コンピューターサイエンスができる人はたくさんいますから、技術的に進んでいる日本の言語も身に付けて自分の価値を高めた。おかげで日本にインターンに行く大学生の募集を見つけた時も、IT企業が日本法人を立ち上げるために「日本語が話せて、コンピューターサイエンスが得意な人」を募集していた時もサッと手を挙げて、チャンスをつかむことができましたから。

石井さん:強みがあるって大事だよね。私は、大学受験でも、大学でも、仕事でも*、プライベートでも……。得意な英語にすごく助けられています。

* 石井さんは、得意の英語を生かしたネタが人気です!

「得意」を強みにする?「好き」を伸ばす?

——進路選択についての、お二人なりの考えを教えてください!

ジェイソンさん:僕の勝手な意見ですけれど……。「好きなうえに得意」なことがあれば最高だけど、それがある人は多くないですよね。じゃあ「嫌いだけど得意」と「好きだけど得意じゃない」はどっちがいいかというと、後者を選ぶと苦労する気がします。

石井さん:苦手なことに向き合い続けるのは、大変だっていうこと?

ジェイソンさん:大変な思いをするし、仕事にしても大きな稼ぎにはつながりにくい。逆に、「嫌いだけど得意」なほうを選んで、仕事が軌道に乗ったら、空いた時間に好きなことをやるという手もあると思います。

ただし、「得意じゃないけど、どうしてもやりたい」という時も、諦めることはないですよ! まずは、「なぜ得意じゃないのか」「どうしたらできるようになるか」を考えてみる。そして、克服できる自信があれば、どんどん挑戦してみたらいいと思います。

石井さん:なるほど。そういえば、私にとってのお笑いが、まさに「好きだけど得意じゃない」ことだったのかも。就職しても「やってみたい」という気持ちが消えなくて、1年4か月働いたタイミングで挑戦してみたのだけれど……。最初はネタをやるのも、笑いをとるのも難しかった! でも、少しずつ改善していく兆しが見えたから、今でも楽しめているんだと思います。

小さな満点を重ねていけば、苦手だって克服できる

——苦手科目とは、どう向き合うといいと思いますか?

石井さん:たとえば「医者になりたいけれど理数科目が苦手」のような場合も、高校の早い段階であれば、まだまだ諦める必要はないと思います。そもそも1番をとる必要はないのだから、苦手でもせめて平均を取れるようにがんばってみる。一方、得意な英語だけは人よりもできるようにしておくとか、バランスをとれば太刀打ちできるんじゃないかな。

ジェイソンさん:そのモチベーションのためにも、「自分はどうなりたいか」は、早めに意識しておくことが大事ですよね。でも、その大きな目標ばかりを意識すると「自分にはムリ……」になりかねないので、目標に向かって、小さな成功を積み重ねていけばいいと思います。いきなりフルマラソンを走ろうとせずに、まずは1キロずつ、走る距離を延ばしていくイメージです。

石井さん:そうそう。たとえば、明日の小テストで満点を目指す。それを積み重ねていくことで、やがて大きな試験にも合格できるくらいになると思います。

ジェイソンさん:それから、進路について、もう少し肩の力を抜いて考えてもいいんじゃないかな。悩んでいないで、いろんなことをやってみたらいいですよね。

石井さん:私もそう思っていました! 人生100年時代。高校時代の決断が一生を左右するわけではなくて、大人になっても学び直す必要が出てくる時代なので、いつでも修正できると思います。

だからといって、がんばらなくていいわけではないですよ! やりたいことがある人は、そこに思い切りエネルギーを注ぎ、やりたいことがない人は、目の前のことをがんばっておく。そうすればきっと、その努力が何かにつながると思います。やりたいことがなかった私も、勉強をまんべんなくがんばって、好きな英語をとことん伸ばしておいたことが、いざ「やりたい」が見つかった時に自分を助けることになりましたから。

【後編】では、進路選択において保護者にできることをうかがいます。ぜひご覧ください!

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A