【大学入試】学校推薦型選抜・総合型選抜の志望理由書〜保護者ができる3つのアドバイス〜

大学の学校推薦型選抜・総合型選抜で必要になる「志望理由書」。
面接時の資料としても使われる重要な書類です。
推薦入試での受験を考えるお子さまは、まず「志望理由書」から取り組むことが多くなっています。

しかし、志望理由書を適切に書くことは意外に難しく、多くのお子さまが悩んだりつまずいたりします。
そこで、保護者のかたにもできる、「志望理由書」を書くサポート方法をご紹介します。

受験生がやりがちな2大NGポイントといっしょに、3つのアドバイスを把握しておきましょう。

この記事のポイント

志望理由は「過去の経験+学び+志望校でやりたいこと」を書く!

志望理由書にまず書くべき基本的なことは、志望のきっかけとなった過去の経験と、大学卒業後にやりたいことです。

ただ、それら『だけ』だと、「この人はどういう人なのか?」「大学で何をどう学びたいのか?」がまだ具体的とはいえず、志望理由書を読む人に伝わりにくいものです。

NGポイント1 「過去の経験+将来の夢」しか書いていない

例文:看護師を目指している人の志望理由NG例

【過去の経験】
子どものころに病気で入院したとき、看護師さんが、不安な気持ちに寄り添ってくださり、励まされた。

【将来やりたいこと】
自分も看護学部に進んで看護師になりたい!

アドバイスその1 差がつく志望理由書は「過去の経験」から何を学び、どうしたいかを具体的に!

「過去の経験+将来の夢」だけだと、志望理由が弱いだけでなく、同じような志望理由書を書いてくる人がたくさんいて、選考で目立たなくなってしまいます。

他の人と差別化するには、過去の経験において「自分がどう行動したか」「何を学んだか」と、「大学でやりたいこと」を書くと効果的です。

例文:看護師を目指している人の志望理由OK例

【過去の経験】
子どものころに病気で入院したとき、看護師さんが、不安な気持ちに寄り添ってくださり、励まされた。

【行動・学んだこと】
看護師にあこがれ、病院でのボランティアに参加した。

そこで出会った患者さんと接する中で、世代や環境によって病気以外の不安もいろいろと抱えていること、それらを踏まえて寄り添い、受け止めることが大事だと実感した。

【将来やりたいこと】
さまざまな世代や環境の患者に寄り添い、対話ができる看護師になりたい!

そのために大学では、看護の知識とともに多様な立場・年齢の人と接して幅広い視野を持ち、コミュニケーション力を身に付ける!

志望理由は「学びたいこと」と「その大学・専門学校の特色」を結びつけて書く!

将来の夢のきっかけや、そのために努力してきたこと、大学で学びたいことなど、「人となり」を書けていたとしても、「なぜその大学でなければいけないのか?」という理由が曖昧なお子さまは多いものです。

志望大の特色(魅力)をよく理解した観点が抜けていると、お子さまの熱意は伝わりにくいでしょう。

NGポイント2 「他の大学・専門学校でも使える理由」しか書いていない

たとえば、「なぜこの大学を選んだのか」が書かれていないと、「でもそれってほかの大学でもいいよね……」と先生に思われてしまいます。

また、「オープンキャンパスで先輩が優しかったので」「緑が多い環境なので」という志望理由もありきたりなうえ、志望する学問に結びつきません。

例文:看護師を目指している人の志望理由NG例

看護師になりたいです。オープンキャンパスで先輩が優しかったので、志望しました。

アドバイスその2 「その大学でなければできないこと」を具体的に!

お子さまが志望理由書を書く前に、大学・専門学校のホームページやパンフレットで、アドミッション・ポリシー(どんな人に入学してほしいか、大学の方針を示したもの)、授業のカリキュラム、研究、設備などをしっかり確認するよう促しましょう。

お子さまが学びたいことや、身に付けたい力と結びつけて、より明確に「この大学でなければいけない理由」を書ければ、「それならうちの学校がいいよね」と大学に伝わりやすくなります。

例文:看護師を目指している人の志望理由OK例1

【学びたいこと】
高齢者介護の専門知識を学びたい。

【大学・専門学校の特色】
高齢者に重点を置いた授業・実習が多い。

例文:看護師を目指している人の志望理由OK例2

【身に付けたいこと】
年々増える外国人の患者への対応力を身に付けたい。

【大学・専門学校の特色】
語学の授業が充実していて、外国人の患者が多い病院が付属している。

アドバイスその3 「社会への貢献」をプラスすれば、より充実!

「好き」であることはもちろん大切ですが、学んだことで、どうやって社会に貢献していきたいか、まで書かれていると、より志望理由書が充実します。

例文:看護師を目指している人の志望理由OK例

【やりたいこと】
看護を学びながら、英語力も身に付けたい。

【社会への貢献】
外国人の患者は今後増えるだろうし、同僚の看護師が外国人の場合もあるだろう。そうしたときに語学力を発揮して間をつなぐ存在になりたい。

まとめ:志望理由を突き詰めることは、合格への近道!

お子さま自身は完璧と思っていても、言いたいことがうまく書けていないお子さまは多いので、第三者からの意見や添削はとても重要です。

推薦入試の受験を決め、「志望理由書」に取り組む場合は、お子さまの熱意が的確に伝わる内容か、今回の3つのアドバイスを意識して、保護者の方もぜひチェックしてあげてください。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A