受験だん。親子インタビュー 浪人生活をとおしてマンガ家親子が感じたこと [大学受験]

「おぐらなおみの『受験なう。』」でもお知らせしたとおり、ムスメ(マーちゃん)が関東の私立大学に合格し、晴れてこの春から大学生となりました。そこで、浪人生活を振り返り、親子インタビューをお送りします。受験生本人が語る現役と浪人の違い、また初めて勉強に手応えを感じたのはどんな時だったのか。そして、浪人生の1年間をとおして保護者が感じたこととはどんなことだったのでしょうか。

  • ※さよなら受験生活、なう。 [大学受験]
  • http://benesse.jp/juken/201604/20160413-1.html

■高校受験・現役との違い、そして手応えを感じた時

○マーちゃん

「合格できる!」という手応えは、本当に最後までありませんでした。高校受験の時は「試験に出る範囲をすべて押さえられている」という自信があったのですが、大学受験はやってもやっても知らないところが出てくる……。

英語の長文読解では、どれだけ勉強すればこの問題が解けるようになるのかというのもわからなかったし、得意の国語でも、何度やっても納得いかない問題があったり。数学に至っては、最後までよくわからなかったです(笑)。

初めて手応えを感じたのは私立大学の受験の時でした。それまでは過去問を解いていても「これでは無理かも」と思っていましたが、本番の入試で初めて「いけたかも!」と思ったんです。実際に合格通知を手にして、そこで初めて自信がつきました。

現役の時との違いでいえば、受験する学校を選ぶにあたって、「とにかく有名大学ならどこでもいいから」ということよりも、何を勉強したいのか、自分のやりたいことや、実社会で役立ちそうなものなどに注目するようになりました。

■受験生の保護者の日常、その真実とは!?

●おぐらさん

ムスメがプレッシャーを感じていたのはもちろんのことですが、そんな我が子に対してやってあげられることというのが、本当にあまりなくて。そのうえまわりに愚痴を言える人がほとんどいなかったのもつらかったですね。もちろん家族にも言えませんし。思い詰めないように、あえて仕事を増やしたりしていました。

浪人生の親って孤独なんだな……と思いました。そんな時は、インターネットで浪人生の親が集まるサイトや、愚痴吐きサイトを見ていました。やっぱり、みんな同じ気持ちということがわかると、心が楽になりますよね。

でも、それだけ追いつめられていたものの、我が家は願掛けとかはほとんどしなかったんですよ。一時は好きなものをやめようかとか思ったこともありましたが、「私はこれを我慢しているんだから!」という一方的な押し付けは、よくないプレッシャーになっただろうから(笑)、我が家らしい日常生活のうえで、ムスメも浪人生活を送っていたと思います。

■浪人生活に悔いなし! 長い目で子どもの人生を見据えて

●おぐらさん

大学受験のことを考えれば、小さいころからコツコツとずーっと勉強させていれば……と思ってしまいがちですよね。でも当たり前のことですが、子どもの人生って受験だけじゃない。大学受験のために子育てしていると思うと、親子ともどもつらくなってしまいます。
受験生なのに「高校生活最後の運動会がんばる!」などと言われると、親としては「え!?」と思うんですが(笑)、受験の先も人生は長いですから、楽しみながら生活できるのがいちばんだと思います。みんな「つらいつらい」と言うけれど、実はそんなにつらくないよ!ということをお伝えしたいです。

○マーちゃん

第一志望の国公立大学は残念な結果になってしまったけれど、もう1年浪人したいとか、あと1日勉強していればとか、そういう気持ちはありません。今までやってきたことがすべてだし、やる気が出なかった日も、それはそれで必要な日だったと思うので。悔しい思いも残るけれど、納得のいく大学に合格できたから、今はとても前向きな気持ちです。

1年間勉強に打ち込んで、自分がどこまでできるのかを知ることができました。本当に充実した浪人生活でしたし、実際に、この1年しっかり勉強したという事実が自信になっています。

親戚や友達をはじめ、いろんな方から励ましの言葉をかけてもらったことが何よりうれしかったです。これまで支えてくれた家族にも、「ありがとう」と伝えたいです。

大学では、行事に積極的に参加するのはもちろんのこと、さまざまなチャンスを逃さずに、たくさんのことを経験したいと思っています!

プロフィール

おぐらなおみさん、マーちゃん

おぐらなおみさん、マーちゃん

おぐらなおみさんは、マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。長女のマーちゃんは、中学3年生のころからの受験の様子をつづったベネッセ教育情報サイトの連載マンガ「受験なう。」の主人公。1年間の浪人生活を経て、この春都内の私立大学に合格し、大学生に。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A