消防官ってどんな職業?どうすればなれる?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「消防官」を取りあげます。


消防官とは?

 我々にとって身近な災害である「火災」。その通報にいち早く駆けつけ、被害を最小限に抑える職業が消防官です。命がけで災害に立ち向かい、一人でも多くの人命を救助する、責任の重い仕事です。


消防官の仕事の内容

 火災の消火だけが注目されがちですが、消防官の仕事はほかにもあります。代表的なものは周辺地域に住む人々に向けて行う防災への取り組みです。施設に立ち入り、必要な防災対策が施されているかチェックを行うこともあります。

 消防官が対応する災害は火災ばかりではありません。台風や洪水のような自然災害や、地震などの突発的な災害が発生したときも対応にあたります。


 

消防官になるための必要な資格

 各自治体の消防本部が個別に行う採用試験に合格すれば、消防官になることができます。試験は、大卒者、短大卒者、高卒者相当と学歴別に分かれていることが多く、区分によって難易度は異なります。
 
 試験内容は自治体によって異なりますが一般教養のほか、仕事をするうえで必要不可欠な体力を問われるテストもあるので準備が必要です。大卒者を対象とする試験では建築、機械、電気、化学といった専門科目の知識を問う試験を採用している地域もあります。試験に合格したあとは、消防学校で実務訓練を受けてから地域の消防署へ配属されます。


 

消防官の将来性は?どんな性格の人に合っている?

 災害がこの世からなくならない限り、消防官の仕事がなくなることもありません。近年は超高層の建造物の登場や、それに伴う新たな形態の災害も発生するようになったため、消防官にはさらなる活躍が期待されています。
 
 危険な場所に赴き、体を酷使する職業なので体力は必須です。限られた時間の中で最善の行動を選択する判断力、決断力が求められます。仲間と協力する仕事でもあるので、協調性のある人に向いています。


 

参考:

消防官| 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/020/

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A