文系と理系・国公立と私立でどう変わる?大学の学費【知っておきたいお金の話】

お子さまの大学進学を考えるにあたって、避けて通れないのが学費の問題。
大学の学費は、「国公立か私立か」「文系か理系か」など、進路によって大きく変わります。
大まかな金額を知っておかないと、いざ合格してから「こんなにかかるの!?」とあわてることになりかねません。
進路を検討する際の材料の1つとして、必要な学費の目安をあらかじめ押さえておきましょう。

この記事のポイント

初年度にかかる学費だけ見ても大きな差が!

進路によって学費がどのように変わるかを比較するために、大学の初年度納付金で比較してみましょう。

※e-Gov法令検索「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」より国公立大学学部(昼間)の標準額。
※文部科学省「2021年度学生納付金調査結果」より公立大学昼間部の平均値。
※文部科学省「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」より私立大学学部(昼間部)における平均額。
*公立大学の入学料は、地域外の場合の平均値。地域内の場合の平均値は228,613円。

国立大の入学料・授業料は、文部科学省令で定められた標準額を踏まえたうえで各大学一定の範囲内でそれぞれ定めることになっています。
現状では標準額と同じ金額を設定する大学が多く、大学・学部間での差はあまりみられません。
公立大の学費(平均額)は、国立大と大きくは変わりません。
一方で私立大の学費は、国公立大と比べて初年度納付金が高額なのが現状です。
私立大の場合は学部系統によっても大きな金額差があり、特に医歯系学部は、それ以外の理系学部の約3倍、国立大の約6倍となっています。

卒業までにかかる学費の総額ではさらに大きな差が見られる

入学料や授業料、施設整備費を合計した「入学から卒業までにかかる学費」を比べてみると、大学・学部ごとの差はより大きくなります。

※国立大学、公立大学、私立大学文系・理系は4年間、国立大学医歯系、私立大学医歯系は6年間で算出。
※e-Gov法令検索「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」より国公立大学学部(昼間)の標準額より算出。
※文部科学省「2021年度学生納付金調査結果」より公立大学昼間部の平均値をもとに算出。(入学料は地域外入学者の平均値)。
※文部科学省「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」より私立大学学部(昼間部)における平均額をもとに算出。
※国立大学、公立大学、私立大学文系・理系は4年間、国立大学医歯系、私立大学医歯系は6年間で算出。

まず、国立大と私立大を比較すると、文系学部で約165万円、理系学部で約309万円、医歯系だと2,000万円以上の差がみられ、私立大の学費が高額であることがわかります。
また、文系と理系を比較した場合、私立大では理系学部の学費が文系学部より約143万円高額です。
さらに、理系学部の学生は文系学部に比べて大学院に進学するケースが多いため、学費面の負担も大きくなる可能性が高くなります。

海外留学の費用は1年間300万円~が目安

お子さまが海外留学した場合は、学費と生活を含めた費用のめやすは1年間で300~350万円程度です。
留学する国や学校の種類、学ぶ学問によっても費用は変わります。
「文系か理系か」「公立大か私立大か」「都市部か地方か」などのポイントでも多少差が出るようです。

学費(語学学校の場合)
ひと月あたり約14~22万円
※ひと月あたりの授業時間数によって異なります。
※期間は3か月〜10か月程度が一般的です。


学費(2年制大学/公立キャリアカレッジの場合)
1年あたり約80~150万円
※私立大学や、医療系のコースなどでは300万円を超える学校もあります。

生活費(ホームステイ代を含む)
ひと月あたり約10~15万円
※食費を含みます。
※都市部と地方部で差があります。

ベネッセ海外留学センターより。

まとめ & 実践 TIPS

学費がどのくらいかかりそうか知っておけば、進路決定のタイミングになって、「お金の問題であきらめざるを得ない…」といったリスクを減らすことができます。
お子さまができるだけ希望の大学・学部に進学できるよう、早めに情報収集をスタートし、かかる学費も考慮しながら家族で話し合いながら、しっかり準備を進めておきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A