人間科学ってどんな学問?

世の中にはたくさんの学問があります。どんな内容で、何を学んでいくのか知っておくことは、自分の興味や関心の方向性を探れることはもちろん、進路を決めるために、大いに役立つでしょう。今回は「人間科学」を取りあげます。

 

人間科学とは?

 「人間科学」は、人間とは何かについて考え、人間そのものをさまざまな角度から分析、研究していく学問です。古くから人間について考える学者、学説もありましたが、学問としてまとめられるようになったのは比較的最近です。そのため、現段階では十分に体系化されているとはいえませんが、大いに新しい可能性を秘めた学問であるといえます。

 

 

人間科学ではどんなことを勉強する?

 心理学、社会学、教育学を3本柱とし、行動科学や思想、文化人類学、生態学、メディアと人間のかかわりなども学びながら、人間を多角的に分析する力を伸ばします。

 

 たとえば、人間が環境にかかわる際の問題であれば、人文科学、社会科学、自然科学など。「生と死」の問題であれば、医学や法学に加え、社会学や心理学、生物学、生命倫理学や文学など、あらゆる領域からアプローチします。人間の運動について科学的に研究する「スポーツ科学」も、この分野に含まれます。

 

 

人間科学の講義はどのように設定されているか

  学問領域は極めて広く、学部や学科の在り方も大学によって特色があります。自分が何を学びたいのか、それに合う講義があるかどうかは、しっかりと下調べしておくべきでしょう。無限にある切り口の中で何をどう学ぶべきかも、大学や教授の考え方によって異なります。

 

 共通して学ぶのは、人間関係論、社会心理学、環境論、政治思想、生態学などです。さらに専門的な内容を学ぶ段階になると、いくつかの専攻やコースに分かれます。しかし、幅広くさまざまな分野の知識を構築することも重要であるため、どの専攻を選択しても、ほかの専攻科目も履修することができる場合が多いようです。

 

 

人間科学を学んだ人々の卒業後の進路

  人間科学の知識を生かせる分野は多く、先輩たちは実にさまざまな分野の企業に就職しています。一般企業以外にも、総合的な思考が求められるシンクタンク、マスコミや情報・通信関係、人々の消費生活や食生活に関する職種に就く人が多くなっています。大学院に進学して、さらに研究を深める人も増えており、この学問自体の発展にも注目が集まっています。

参考:

人間科学 │ 学問・大学情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/learning/system/034/index.html

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A